フレンチポテトは本当にフランス生まれ?

どうしてフレンチポテトと呼ばれるのか?

d3fb2d0351db95eaf3e7659c6036a6fb_m

細長く切って油で揚げたじゃがいも料理のことをあなたは何と呼びますか?

フライドポテト?それとも、フレンチポテト?

フレンチポテト(便宜上この記事ではフレンチポテトで統一します)を食べられる場所といえばハンバーガーを販売するファーストフードチェーンです。各チェーンの公式ホームページによるとロッテリア(フレンチフライポテト)、バーガーキング(フレンチフライ)、モスバーガー(フレンチフライポテト)とフレンチのついた後者を採用しています。

一方、日本マクドナルドはマックフライポテトと名付け独自路線を歩んでいます。面白いのが、本家アメリカのマクドナルドでは北米で一般的な呼び方のFrench Friesが使われています。フライドポテトは和製英語なので、当たり前といえば当たり前なのかもしれません。

その他、ポテトフライなど別の呼び方もありますが、こうしてみると英語に合わせてフレンチフライポテトに統一する方向にあるのかもしれません。

なぜフレンチ(French)、つまりフランスなのか?

フレンチと呼ばれるからにはフランスと何か関係があるのでしょうか?これには色々な説がありますが、一つの通説としては第一次世界大戦中にフランス語圏のベルギー人がフレンチポテトを作っているのを見たアメリカ人兵が彼をフランス料理と勘違いしてFrench Friesと名付けたのではないかと言われています。

フランス語ではフリット(frites)と呼ばれるフレンチポテトはベルギーでは国民食の一つでもあります。フランス北東部を水源としベルギーを流れるマース川流域の村人はよく魚のフライを食べていました。しかし、冬になると川が凍結し魚が獲れなくなるので、代わりにじゃがいもを揚げて食べていたのがフレンチポテトの始まりだそうです。そしてアメリカ人がアメリカに持ち帰り、日本に伝わったのではないかと。

しかし、隣国のフランスに言わせると、ベルギー人の誇りでもあるフリットとの発祥は自分の国にあると主張するのです。

フレンチポテトはフランスのあの場所の発祥?

フレンチポテトはベルギーのものだと主張するのに対し、フランスは自らの説を曲げません。専門家によるとフレンチポテトが最初に出現したのはなんと花の都パリでした。

舞台は1789年のフランス革命後のパリ。セーヌ川にかかるパリで現存する最も古い橋でもあるポン・ヌフ(Pont neuf)の上で、焼いた栗などと一緒にこんがりと焼いたじゃがいもの切れ端を売っていたそうです。さらに、1794年にはパリで出版されたメリゴ夫人(Mme Mérigot)によるフランス料理の本にはフレンチポテトの作り方が詳細に説明されていました。

起源同様に異なる食べ方

ウェルシュ(welsh)
フランス北部の代表的な郷土料理ウェルシュ

これまで見てきたようにベルギーとフランスの主張は今も平行線を辿っていて、解決の糸口は見えていません。しかし、両国に通じているのはフレンチポテトがそれぞれの食文化にしっかり根付いているということです。

フランスではフレンチポテトはステーキやムール貝などの付け合わせには欠かせません。特にメゾン・フリット(maison frites)と呼ばれる自家製のものは一度食べると病みつきになります。フランス人の子供達が好きなものにフレンチポテトを挙げるのも納得です。また、ノール・パ・ド・カレ地方はウェルシュなどの郷土料理と一緒にフレンチポテトがよく出されます。じゃがいもの消費量が高い地方として知られるのも頷けます。

チーズ好きにはたまらないノール・パ・ド・カレの名物料理ウェルシュ

一方、ベルギーではフレンチポテトは名物の一つでもあるムール貝と一緒に出されることはもちろんですが、屋台などで食べられるのが特徴です。フランスではあまり見られない光景ではありますが、ベルギーの国境に近く文化的にも近いものを持つノール・パ・ド・カレ地方、例えばブローニュ=シュル=メールの海岸沿いには移動式の屋台が並んでいます。このフレンチポテト専門の店はフリットリー(Friterie)と呼ばれ、フランス北部では親しまれています。ちなみに、残念ながらフランスでは経営者が店舗を好む傾向があるようで屋台は今や絶滅の危機にあるようです。

フレンチポテトが世界遺産に?

にんにく味のムール貝
ムール・フリット(ムール貝とフレンチポテトの付け合わせ)

最後に少しベルギーのフレンチポテトへの思い入れについてご紹介します。ベルギー北西部のブルージュに行くと彼らが誇る「フリット」とじゃがいもの歴史や文化などを学べるフレンチポテトのための博物館(Frietmuseum)があります。もちろん世界でも例を見ない場所です。ベルギー人はフランスでは絶滅の危機にあるフレンチポテトの屋台やフレンチポテトそのものを文化遺産と捉えていて、実際にユネスコの世界遺産に登録する動きもあるようです。

これまで、フランス北部とベルギーにまたがる形で両国の鐘楼巨人などが世界遺産として登録されていますが、いつかフレンチポテトが登録されるときに、どういう形で(フランス北部は含まれるのか?)、どういう名前(英語でFrench friesになるのか?)で登録されるのか興味が尽きません。何はともあれ、難しいことはさておき、フランスに来たら「本場の」フレンチポテトを是非食べて見てください。

広告