ブルターニュ地方の美味しいムール貝が食べられるレストランの見つけ方

ムール・フリットを食べ歩きする著者が教えるコツとは?

IMG_0319

ブルターニュ地方で食べたい名物といえば何でしょうか?クレープやガレットはもちろんですが、海の幸も有名です。中でも夏に旬を迎えるのがムール貝(moules)です。ブルターニュ地方にはサン・ブリユー湾モン・サン・ミッシェル湾などのフランスでも有数の産地があります。

著者はそのブルターニュ地方の在住ですが、おそらく日本に帰った時に最初に恋しくなるものがムール貝なのではないかと思うくらい、ムール・フリット(ムール貝とフレンチポテト)に目がありません。そこで、今回は時期・場所を問わずフランスのムール貝が美味しいところを食べ歩きをした経験を元に、美味しいムール貝のレストランのあれこれについてお話ししたいと思います。

食べる前に知っておきたいムール貝の旬な時期とは?

ムール貝

ムール貝の収穫時期は限られていて、一般的にフランスではムール貝のシーズンは初夏から12月くらいまでで、旬なのは7月と8月の夏です。それ以外の時期となると、身が小さくなり味も落ちます。

実際に、ムール貝がメニューにあっても、selon l’arrivage(入荷次第)と書かれていれば、冬の時期は提供されていないことがほとんどです。逆に言えば、冷凍したムール貝などを使わず鮮度のいいものを使っているという証拠でもあるので、夏に試す価値があるレストランと言えると思います。

レストランを選ぶ際に注意することとは?

モン・サン・ミッシェル湾のムール貝

現在はTripAdvisorなどを使えばグルメ情報は簡単に見つけることはできます。ただ、特に海外旅行先だと携帯を使えなかったり、ふと閃きで食べるものを決めるということも多いと思います。そういう状況で判断材料になるのは店先にある情報のみです。実はムール貝を扱うレストランにおいては、そこである程度判断が絞り込みができます。では、レストランを選ぶ時に何を見ればいいのでしょうか?

理想を言えばムール貝の専門店

ムール貝専門店ことmoulerie

こう言ってしまうと身も蓋もないのですが、ムール貝専門店(フランス語でmoulerie)に行けばハズレのレストランを引く確率はぐっと下がります。普通の海鮮料理を扱うレストランとの大きな違いは、ソースの種類の豊富さです。普通のレストランやビストロなどだと白ワインで蒸したマリニエール(marinière)やクリーム(crème)などの他に、たまにカレー(curry)が加わる程度ですが、専門店だと10種類以上の中から選ぶことができ、鮭やチョリソー、トマト、ロックフォールなどのチーズ等の様々な具材との組み合わせが楽しめます。

専門店はソースも自家製(メニューにはフランス語でmaisonと書かれています)で作っている場合が多く、その店オリジナルのソースもあります。場合によっては食べ方も変わってくるので、必要に応じて適切なアドバイスをしてくれます。例えば、ソースが塩気が強い場合は「フレンチポテトに塩をかけすぎない方がいいですよ」といった具合です。

フレンチフライポテトは本当にフランス生まれなのか?

店先に出ている看板に注目!

レストランの店先には大きなメニューが掲げられていることが多いのですが、それとは別に手書きの看板にその日のおすすめなどが書かれています。こういった看板は、旬な食材など入荷したものに応じて書き換えるので、美味しいムール貝を食べられるレストランかどうかの良い判断材料になります。

ブルターニュ地方に関して言えば、まず看板にbouchot(ブショー)という文字があるかどうかです。bouchotというのはムール貝を養殖するために使う杭のことで、これを使ったムール貝は味に定評があります。さらに言えば、サン・ブリユー湾モン・サン・ミッシェル湾などの産地が表記されているかも大事なポイントです。

モン・サン・ミッシェル湾のムール貝の看板
AOCのモン・サン・ミッシェル湾のムール貝の看板

レンヌ(Rennes)やサン・マロ(Saint-Malo)などのレストランなどではよくBaie du Mont-Saint-Michel(モン・サン・ミッシェル湾)という文字をよく見かけます。モン・サン・ミッシェル湾産のムール貝は保護原産地呼称(Appellation d’Origine Contrôlée、略称AOC)の対象です。AOCは指定された地域と生産方法で育てられた農産物やワイン、チーズなどに与えられるもので、生産の過程において厳格な品質管理がなされています。実は、海産物ではモン・サン・ミッシェル湾のムール貝のみが唯一指定されています。

レストランの店先の看板をよく見ると、moulesと書いていてもbouchotやBaie-du-Mont-Saint-Michelと書かれているところとなると限られてきます。観光地化した街ではレストランがたくさん並んでいて、観光客目当てで値段と質が釣り合っていない飲食店もよくありますが、この方法を使えばかなり絞り込むことが可能です。

私の経験上ですが、上記の法則に当てはまらないところで食べたムール貝はほぼハズレでした。たくさんの貝が開いていなくて食べることができなかったり、身が貝にくっついて取れなかったり、中には砂が入っているものもありました。ムール貝を目玉として考えているレストランはそれなりの敬意を払っていて、店の内外でそれを見て取ることができるというのが私の印象です。今まで見てきた法則が絶対とは言い切ることはできませんが、美味しいムール貝を出すレストランを探している方は一度ぜひ試してみてください。

moules

広告