サン・マロからモン・サン・ミッシェルへ行き方を徹底比較してみました

電車とバスなどサン・マロからモン・サン・ミッシェルへの行き方のまとめ

サン・マロとモン・サン・ミッシェル
サン・マロとモン・サン・ミッシェル

ブルターニュ地方を旅行する際にレンヌからサン・マロに行って、その後モン・サン・ミッシェルに行きたいという方多いと思います。また、モン・サン・ミッシェルに宿泊してからサン・マロに行くという行程もかなり人気があるようです。

地図を見ると近くてアクセスが良さそうな感じがしますが、いざ交通手段を調べようとするとなかなか見つからずに苦労している方が多いようです。そこで、今回はサン・マロからモン・サン・ミッシェルへの電車とバスなどの公共交通機関を使ったアクセスについてのいくつかの手段についてシェアします。

1)直通の高速バス

本数は少ないですが、一番乗り換えもなくスムーズなのは直通の高速バスではないでしょうか。スーツケースを抱えて慣れない場所で乗り換えをするのはやはり大変ですしね。サン・マロからモン・サン・ミッシェル間は2つの会社が運営しています。

KEOLIS

KEOLISはレンヌとモン・サン・ミッシェル間のバスも運営している会社です。サン・マロとモン・サン・ミッシェル間については1日一便運行されています。

  • 行き:サン・マロ駅発9時20分、モン・サン・ミッシェル着10時30分
  • 帰り:モン・サン・ミッシェル発15時45分、サン・マロ駅着16時50分

料金は往復23ユーロですが、片道だけ購入不可なので注意が必要です(支払いは現金また小切手のみ)。予約は必要ありませんが、冬になると本数が激減するので、下記の運行表(2018年6月まで有効)で運行状況を必ず確認してください。

KEOLISのバス運行表と乗り場の地図(フランス語・英語)

FLIXBUS

もう一つのサン・マロとモン・サン・ミッシェル間の高速バスを運行しているのがFLIXBUSです。Flixbusについては詳しくは以前記事を書いているので下記のリンクをご参照ください。

格安バスFlixbusを賢く使ってブルターニュ地方を観光しよう

2)バスと電車を乗り継ぎ

上記のバスが時間的に都合が合わない場合、またはオフシーズンで運行していない場合でもご心配なく。バスと電車を乗り継げばサン・マロとモン・サン・ミッシェル間は移動が可能です。その場合、まずはモン・サン・ミッシェルから鉄道駅のある街まで移動する必要があります。

ポントルソンからドル・ド・ブルターニュ経由

モン・サン・ミッシェルから約10km南に位置するポントルソン(Pontorson)まではシャトルバスが運行されています。料金は片道2ユーロ80セントです。時刻表については下記リンクをご参照ください(2018年3月31日まで有効)。

*夏季のみポントルソンからカンカル経由でサン・マロに向かう便をILLENOOというバス会社が運行しています。

モン・サン・ミッシェルとポントルソン間のシャトルバス運行表(フランス語・英語)

ポントルソンからは電車でドル・ド・ブルターニュ(Dol-de-Bretagne)まで行き、そこでサン・マロ行きに乗り換えます。これらの乗り換えの時刻についてははサン・マロ観光案内所が作成した下記の乗り換え表がとても便利なので参考にしてみてください(2018年7月6日まで有効)

サン・マロとモン・サン・ミッシェル間の公共交通機関の時刻表(フランス語)

ドル・ド・ブルターニュ経由

ドル・ド・ブルターニュとモン・サン・ミッシェル間はKEOLISが直通バスを運行しています。本数は少ないですが、タイミングが合えば、ポントルソンを経由しなくてもサン・マロとモン・サン・ミッシェルの両方面に行けるので便利です。

ドル・ド・ブルターニュ発モン・サン・ミッシェル行きバスの最新時刻表(2017年冬〜2018年夏)

レンヌ経由

上記の方法でも都合がつかないという場合は、いっそレンヌまで戻って移動する方が早いかもしれません。サン・マロとレンヌ間は電車で移動が可能です。レンヌとモン・サン・ミッシェル間のバスについては下記の記事をご参照ください。

レンヌからバスでモン・サン・ミッシェルに行く際に知っておきたいこと

3)最後の手段、タクシー移動!

以上の方法でもダメな場合はタクシーになるかと思います。特に土日や午前中の移動となると便数も減るので、公共交通機関を使うのは日程的に難しい場合も出てきます。その辺を考慮に入れつつ、旅程を計画する際にまず移動手段を確保してから日程を組むと、よりスムーズな旅行が楽しめるのではないでしょうか。

広告