一度食べると誰もがハマるラ・ベル・イロワーズの缶詰の秘密

ブルターニュ産の最高のアペロのお供を持ち帰ろう!

ブルターニュ南部のモルビアン県(Morbihan)にあるキブロンという街があります。海に囲まれた半島に位置するキブロンは、900メートルに渡って広がるビーチを目当てに夏はリゾーチ地として賑わいます。

キブロンでバカンスを満喫した後に、多くの観光客が手土産に買っていくのが缶詰会社ラ・ベル・イロワーズ(la belle-iloise)の製品です。伝統的にイワシ漁が盛んな港町に本拠を置くこの会社。彼らのイワシやツナの缶詰がここまで多くの人を引き付けるのはなぜなのでしょうか?

dscf0149
ラ・ベル・イロワーズの鯖缶(写真中央)

ラ・ベル・イロワーズの味へのこだわりが生み出した流通システム

キブロン発の缶詰の人気の秘密は味はもちろんその流通システムにあります。実はラ・ベル・イロワーズの缶詰はスーパーで買うことはできません。フランスの海沿いの地方やレンヌなどのブルターニュ地方、そしてパリ、リヨンなどにある65の直販店(2017年2月現在)、もしくは通販でのみ購入が可能です。これは1932年に会社を創業したジョルジュ・イリエ(Georges Hilliet)の商品の質へのこだわりが生み出した一つの流儀です。

創業当時フランスの海岸沿いには100近くの缶詰会社がありました。しかし1960年代になると統廃合が進みスーパーなどを中心に大量に卸売をする大手の会社が生まれます。しかし、そんな時代の流れの中にあっても、ジョルジュ・イリエにとってスーパーのために量より質を優先した缶詰を作るという選択肢は論外で、「必要なら、自分で海辺にイワシの缶詰を売りに行く」と豪語したそうです。

こうして、彼は1967年にキブロンにラ・ベル・イロワーズの最初の直売店を出しました。工場からの直販店を通して販売するという方法は旧来の流通システムとは一線を画するもので、製品の質を保ち、独自のノウハウを守りつつも、顧客との長きに渡る信頼関係を守ることを可能にしました。それは家族経営だからできることでもあり、現在は彼の孫が祖父の意思を継いで3代にわたって伝統を守り続けています。

img_6146
ラ・ベル・イルワーズの直営店
広告