レンヌとナント、ブルターニュの二都物語

ペイ・ド・ラ・ロワール地方のナントにブルターニュの旗が見られる理由とは?

フランス北西部にあるロワール川の流域にある街ナント(Nantes)。ガイドブックでナント(Nantes)のページを開くと、必ず載っているものが街のシンボルとも言えるブルターニュ大公城(Château des ducs de Bretagne)です。しかし、そもそもブルターニュ地方でなくペイ・ド・ラ・ロワール地方にあるナントにブルターニュの名前のついた城があるのは何とも不思議です。

実際に城を離れて街を歩いてみると、店先などにブルターニュの旗が飾られていたり、ブルターニュ名物のクレープ屋が多くあり、魚介類の缶詰ラ・ベル・イロワーズ(la belle iloise)やチョコレート屋のラルニコルなど、ブルターニュ地方発祥でブルターニュ地方を中心に店舗を構える店の数々が並んでいることに気がつきます。やはり、ナントとブルターニュは何か深い関係がありそうです。

かつてはブルターニュに属していたナント

IMG_6937
中庭から見たブルターニュ大公城

歴史を遡れば、かつてナントはブルターニュの首都でした。ブルターニュの中でも重要な位置を占めていたナントに、フランス王国に併合される前の最後のブルターニュ公爵フランソワ二世(François II de Bretagne)が城を建設したのが15世紀の話です。この城が前述のブルターニュ大公城です。元々あった13世紀に建てられた城の跡地に、フランスからの攻撃に備えた軍事要塞としての機能を備えつつ、ブルターニュ公爵が滞在するための新しい城を建てたのです。

アンヌ・ド・ブルターニュ像
アンヌ・ド・ブルターニュ像

その後、彼の娘のアンヌ・ド・ブルターニュ(Anne de Bretagne)によって城の工事は進められます。屋根に取り付けられた窓やロッジア(窓が外に開かれた回廊)はその時のもので、中世の軍事要塞に優雅さや気品を与えました。これはイタリアからフランスに入ってきた初期のルネサンスの影響を感じられる部分で、ロワール渓谷のアンボワーズ城などでも見て取ることができます。

アンヌ・ド・ブルターニュはブルターニュの独立を守るために二人のフランス王、シャルル8世とルイ12世の妃となります。しかし、彼女が亡くなった後の1532年のブルターニュがフランスに併合されます。こうしてナントのブルターニュ大公城はフランス王がナントに滞在する際の住居として使われるようになりました。

広告