パテといったらこれで決まり!ブルターニュ地方発のエナフのパテのこだわりとは?

フランスで最も食べられているエナフのパテ

日本でも耳にすることがよくあるパテ(Pâté)とはフランス料理の一種で肉や魚を細く刻みペースト状にしたものです。パンなどに塗って食べるなどしてアペロ(食前酒)のお供として欠かせないこのパテの製造業者の一つが、2017年に創業100周年を迎えるエナフ(Henaff)です。年間約3500万缶を出荷しており、名実共にフランスで最も愛されているパテの魅力に迫ってみました。

IMG_4933
エナフのパテ

秘密はやはりブルターニュにあり

これまでTourisme japonaisではボルディエのバターラルニコルのチョコレートラ・ベル・イロワーズの缶詰などブルターニュ地方発の食品ブランドについて多く触れて来ましたが、このエナフもブルターニュ地方の西部フィニステール(Finistère)に拠点を置く老舗の会社です。先に挙げた同郷の会社同様に、エナフで作られるパテも100%ブルターニュ産です。

ブルターニュ地方の多くの会社は地産地消にこだわりを見せ、また消費者も地元への愛着から地元のものを買う傾向が見られます。ブルターニュ地方にあるスーパーに行くとProduit en Bretagne(ブルターニュ産)と書かれた灯台のイラスト入りのロゴがついた製品のコーナーをよく見かけます。このエナフのパテも例外ではないのです。

エナフのパテには会社と提携しているブルターニュ地方の畜産業者の豚のみを使っています。会社の工場には屠殺場があり、毎晩200〜250の生きた豚が運ばれて一晩中ストレスをかけないようにきめの細かいシャワーできれいに洗った後、翌朝のうちに食肉処理されます。ソーセージの詰め物のような形に処理されて空の缶に詰められた後に、約120度の高温で1時間殺菌された後に貯蔵庫にて6週間熟成されます。この長い時間がパテの味や食感を生み出すのに必要なのです。こうして製造の過程を見てみると製品の質の高さが人気の秘密と言えるでしょう。

ブルターニュから宇宙へ

エナフのパテはフランスだけでなくAmazon.co.jpなどの通販などでも購入ができ、日本でも食べることができますが、なんと今では宇宙でも食べられています。宇宙食を監修するフランス国立宇宙研究センター(Centre national d’études spatiales)と3つの国のレストランでミシュランの3つ星を獲得した料理人のアラン・デュカス(Alain Ducasse)はエナフのパテを約15の宇宙食の一つに指定しました。

2016年11月からはエナフのパテは国際宇宙センターにてフランス人トマ・ペスケ(Thomas Pesquet)などの宇宙飛行士の栄養面から支える任務にあたっています。いつか宇宙旅行をしてスペースシャトルの機内食としてエナフのパテを食べる時代が来るかもしれませんね。

広告