サン・マロでボルディエのバターを使った料理で舌鼓

世界中のシェフが愛するバターを生み出すボルディエのお膝元、サン・マロ

レンヌ(Rennes)から電車で約50分のところにあるサン・マロ(Saint-Malo)は城壁に囲まれたブルターニュならではの石畳の街並みを楽しめる港街です。上流にあるディナン(Dinan)から続くランス川(Rance)の河口にあるサン・マロには、ランス川の青い水とコート・デメロード(Côte d’Émeraude)と呼ばれる文字通りエメラルド色の海が溶け合う景色が広がっています。

DSCF4101
サン・マロの海岸

美しい景色だけでなく食に関しても多くのレストランがあり、ガレットやクレープなどのブルターニュの名物を味わうことができます。そして、何と言ってもサン・マロはその高品質のバターで知られるジャン・イヴ・ボルディエさんがお店を構える街でもあります。

サン・マロで数百円で買えるバターが日本では2000円弱するので、大量に買い込みたいという方もいらっしゃると思います。パリの旅ステーションさんや、日本にも進出した冷凍食品専門店のPicardなどで保冷剤を買って日本まで輸送するというのも一つの手ですが、やはり現地でも食べてみたいという方も多いと思います。そこで、Tourisme japonaisではサン・マロでボルディエのバターを満喫する方法をご紹介したいと思います。

小さなバターの博物館、ラ・メゾン・ドュ・ブール

DSCF4088
ラ・メゾン・ドュ・ブールの外観

今やサン・マロの名所の一つとなっているラ・メゾン・ドュ・ブール(La Maison du Beurre)はいつもバターやチーズを買い求める人の列が絶えません。ここではボルディエのバターだけでなく、チーズやジャムなどの本店ならではの製品が買えます。また、ラ・ベル・イロワーズと同じくブルターニュ地方のキブロンに居を構える老舗の缶詰会社ラ・キブロネーズ(La quiberonnaise)と共同開発したボルディエのバターを使ったイワシの缶詰はおすすめです(なんと、ゆずバター味もあります!)。

la quiberonnaise
ゆず風味のボルディエのバターを使ったラ・キブロネーズのイワシの缶詰

店内では販売スペースとともにボルディエのバター独自のヘラを使って形を作って梱包する様子が実演されています。また、展示スペースにはバターを作る際に使われる道具とともにパネルでバターの歴史が英語とフランス語で紹介されています。まさに視覚や知識の面でもバターを満喫できるバターの博物館と行ったところですね。

IMG_5662
ラ・メゾン・ドュ・ブールの展示スペース