リヨン旧市街を散策してイタリアのルネサンスの息吹を感じよう

ユネスコ世界遺産に指定されているリヨン旧市街を散策

リヨン歴史地区

ユネスコ世界遺産に指定されているリヨン(Lyon)の歴史地区の中でも見どころの一つが、フルヴィエールの丘のふもとにあるヴュー・リヨン(Vieux Lyon)とも呼ばれる旧市街。サン・ジャン大聖堂(Cathédrale Saint-Jean)を中心に広がるこの旧市街の広さはなんと24ヘクタールにも及びます。1964年にフランスで最初に保存地区に指定されたその理由は、ヨーロッパでもヴェネチアに次いで2番目の規模のルネサンス建築の宝庫だからです。

イタリアで始まったルネサンスがリヨンに

ルネサンス(Renaissance)とはフランス語で「再生」を意味し、15世紀(14世紀という説もあります)にイタリアで始まり、その後ヨーロッパに広がっていく文化運動のことを指します。それまでヨーロッパ中を支配していた神を中心としたカトリック的価値観から離れ、人間の美しさや価値観を中心に据えることに重きを置くようになったのです。

この考え方は古代ギリシャ哲学の考え方から大きな影響を受けたことから、当時の芸術家たちはあらゆる芸術分野において、古代ギリシャやそれを受け継いた古代ローマを模範としたのです。そして生まれたのがルネサンス美術で、文学や美術、彫刻に建築など幅広い分野に展開されました。

イタリアで始まったルネサンスですが、フランスにその影響が及ぶのは16世紀になってからで当時の国王フランソワ1世(François 1er)が芸術を推奨したことで広がっていきました。彼はレオナルド・ダ・ヴィンチを招聘したことでも有名です(ちなみに、ダ・ヴィンチがイタリアからアルプス山脈を超えてフランスに来るときに抱えていた3枚の絵の1つがあの「モナ・リザ」です)。

イタリアのルネサンスの影響がとりわけ大きかったのがフランスの第2の都市のリヨンでした。パリに比べてもイタリアにより近いという地理的要因と温和な気候、そしてドイツやオランダなどのヨーロッパ北部と南部のイタリアの間にあることから商業が栄えたことで富が集まるようになりました。また、フランソワ1世がリヨンにイタリアなどとの絹の交易の特権を与えたことも経済的な発展を後押ししました。それに加え、リヨンはイタリア戦争のフランスの前線基地だったことから、イタリアのルネサンスの影響を色濃く受けていくこととなったのです。

広告