19世紀のパリを思わせるもう一つのリヨン

パリの街並みにどこか似ているリヨンの一角とは?

リヨン(Lyon)の街を歩くとどこかパリと街の構造が似ているなと印象を受けませんか?街の中心を川が流れ、かつてのローマ帝国の都市で今も遺跡があり、19世紀後半に建てられた当時の教会建築の傑作とも言える教会が立つ丘があり、高層ビルが並ぶビジネス街がある・・・このように共通点が多くあります。もちろん、リヨンの歴史的地区の中に入るとパリにはないイタリアの影響を受けたカラフルな色使いのルネサンス期の建築の数々が目につきます。しかし、19世紀の都市開発によって生まれ変わった一部の地区はまさにパリを思わせます。それには理由があるのです。

都市開発の必要に迫られた当時のフランス

日本にペリーの黒船が来航するちょうど1年前のフランス。クーデターにより1852年に大統領から皇帝となったルイ=ナポレオンことナポレオン3世はフランスの各都市の近代化を推し進めます。当時産業革命によって大都市への人口の流入とともに居住状態は悪化し、都市開発が必要だったからです。鉄道の開通、大きな道路の整備などのインフラ整備とともに命題となったのが、住居となる建物を増やすことでした。そのシンボルでもあるのがパリに広がるオスマニアン建築(architecture haussmannienne)と言われるものです。

オスマニアン建築とは?

ナポレオン3世は当時のセーヌ県知事ジョルジュ=ウジェーヌ・オスマン(Georges-Eugène Haussmann)にパリの都市改造計画の遂行を命じました。その彼の名前をもじったオスマニアン建築は同時期に作られたオペラ座と並んで19世紀のパリを象徴するものだと言えます。

この建築の特徴は垂直と並行、均質と調和を意識して整然と並んでいる点です。横並びの建物の高さは全て揃えられ、全て1階部分はしばしば商業スペースに割り当てられました。また、3階は「高貴な階(étage noble)」と呼ばれ、しばしばバルコニーなどが取り付けられ、他の階とは一線を画した豪華な雰囲気を出しています。その名の通り当時の高貴な人たちであった当時のブルジョワ、つまり財を成した中産階級などの住まいだったのがその理由です。今の発想では上に行くほど値段が高くなるというイメージですが、当時はエレベーターがまだなく階段で登る必要があったので上の階は敬遠されたのです。

リヨンの「オスマン」と呼ばれたローヌ県知事

DSCF0289
リヨンのジャコバン広場

オスマンがセーヌ県知事に就任したのと時を同じくして、リヨンのあるローヌ県知事の役職に就任したのがクロード=マリウス・ヴァイス(Claude-Marius Vaïsse)でした。パリとともにリヨンはフランスの他の都市に先駆けて行われた都市の現代化のモデルとなった場所でした。ヴァイスはオスマンの例にならって都市改造を行ったことから後に「リヨンのオスマン」と呼ばれるようになります。エドゥアール・エリオ通り(Rue Édouard Herriot)やレピュブリック通り(Rue de la République)などはその代表例です。道路を作るために多くの古い建物を壊し、オスマニアン建築の建物に建て替えました。

リヨンの街の外観を大きく変えたヴァイスは1864年に亡くなり、4年後には写真のジャコバン広場(Place des Jacobins)には「リヨンのオスマン」の功績を讃えた噴水を建設されました。そんな中、1870年に彼を支えていたナポレオン3世は失脚してしまいます。その当時まだ取り付けられていなかったヴァイスの像は文字通りお蔵入りとなりました。実はヴァイスは民衆に快く思われていなかったことがその原因でした。ちなみに彼の像は溶かされて別の像を鋳造するのに使われたと言われています。

リヨンの19世紀後半に再開発された地区を歩くと、オスマンが手がけたパリを思い起こすのは決して偶然ではありません。当時の市民から嫌われながらも描き直した街の地図は、今ではフランス第2の都市の心臓部とも言える市役所をはじめとした要所を繋ぐ大動脈となり、街の発展を支えています。

広告