モネと印象派画家たちが通ったジヴェルニーの旧オテル・ボーディを訪ねて

ボーディ夫妻とある若きアメリカ人画家の交流から始まった物語

IMG_6094
旧オテル・ボーディの入り口

ジヴェルニーといえばモネの家(Maison de Claude Monet)があまりにも有名ですが、他にも見るべきところはたくさんあります。印象派美術館(Musée des impressionnismes Giverny)やモネの墓がある聖ラドゴンド教会(Église de Sainte Radegonde)の他にぜひ訪れてほしいのが旧オテル・ボーディ(Ancien Hôtel Baudy)です。近くに居を構えていたモネはもちろんのことセザンヌなど名だたる印象派の画家が足繁く通った場所なのです。

このオテル・ボーディはジヴェルニーにモネが居を構えた1883年にはまだ存在していませんでした。当時は現在のような印象派の総本山としてのジヴェルニーの名声はフランス国内でさえ知れ渡っていませんでした。そんなフランスのどこにでもあるような小さな村に、あるアメリカ人の若者がやって来ました。そこから、後に名だたる印象派の画家たちが集うようになるオテル・ボーディの物語は始まるのです。

ボーディ夫妻とウィリアム・メトカーフの出会い

旧オテル・ボーディの内部
旧オテル・ボーディの内部

1886年春。

パリの私立美術学校アカデミー・ジュリアン(Académie Julien)の学生ウィリアム・メトカーフ(William Metcalf)は電車に乗ってノルマンディーに向かっていました。パリから現在もジヴェルニーの最寄りの鉄道駅となっているヴェルノン(Vernon)へ、そこから小さなローカル電車に乗り換えてジヴェルニーに。

旅の道中、ノルマンディーの田園風景、特にりんごの花が咲く素晴らしい春の景色にウィリアムは魅惑されます。彼はすぐに画材を持ってこなかったことを後悔したものの、すでに手遅れでした。時間はすでに正午近く。あてもなく歩いていると、2色の煉瓦造りの建物が目に飛び込んで来ました。そこはアンジェリーナ(Angélina)とガストン(Gaston)のボーディ夫妻が経営していた小さなスナックバーでした。それはまさにジヴェルニーの運命を変える一つの出会いでした。

とはいえ、彼らの出会いは最初はとてもぎこちないものでした。ウィリアムはフランス語が流暢ではなく、彼を迎えたアンジェリーナは彼の言っていることはちんぷんかんぷんだったからです。それでも、何とかアンジェリーナに理解してもらえたウィリアムは何とか昼食にありつけました。そして、宿泊先も決まっていなかった彼は、さらにボーディ夫妻の家に泊めてもらえないかと交渉をしましたが、アンジェリーナは即座に断りました。旅人すらほとんど来ない田舎の小さな村に突然現れた異様な風貌の毛むくじゃらの大男に、アンジェリーナは恐怖心すら抱いていたのです。

広告