閉山された炭鉱の跡地に建てられたルーヴル・ランス美術館プロジェクト

ランス市の経済再生の切り札として建てられたルーヴル・ランス美術館

10年前に日本でフランスのランスと言えばシャンパーニュ地方の世界遺産にも指定されている大聖堂のあるランス(Reims)が紹介されていたと思います。しかし、かつては熱狂的なサッカーファンやアール・デコ様式の建築ファンの間で知られていたもう一つのランス(Lens)は、2012年にルーヴル美術館の別館が建てられたことにより注目を浴びるようになりました。そんな「じゃない方」のランス(Lens)のルーヴル美術館ことルーヴル・ランス(Louvre-Lens)の挑戦に迫ってみました。

農村から炭鉱へ発展したランス

フランス北部のノール・パ・ド・カレ地方にあるランスは18世紀末から約150年の間炭鉱によって支えられた街でした。イギリスからフランスへと広がった産業革命の流れの中で石炭の需要は小さな農村の景色を大きく変えました。街は急激に発展し、鉱山の近くには住宅や学校、教会などのある種の団地のようなものが形成されました。石炭の輸送に使われたインフラや一番高いものは140メートルに達する排土のぼた山などと合わせて2012年に「ノール・パ・ド・カレ地方の炭田地帯」としてユネスコの世界遺産にも登録されています。

世界遺産に指定されている炭鉱の跡地に美術館を建てる一大プロジェクト

ランスに世界遺産が生まれたその年に産声をあげたのがルーヴル・ランスでした。ルーヴルの名を冠する2つ目の美術館がランスに生まれたのは、フランス革命後のルーヴル美術館の創立以来の役割でもある素晴らしい収蔵品の数々と美術館のノウハウを国全体の役に立たせることに由来します。2003年にルーヴルの分館を地方に立てることでこれを実現すべくフランス文科省がフランス中に呼びかけたところ、手を挙げたのがフランス北部のノール・パ・ド・カレ地方でした。当時の大統領のジャック・シラク(Jacques Chirac)が新たなルーヴルが生み出す経済的恩恵がフランスでも恵まれない地域にもたらせることを望んでいたこともこの立候補を後押ししました。

第2のルーヴルをめぐってノール・パ・ド・カレ地方の中からは複数の都市が名乗りを挙げました。リール(Lille)、アラス(Arras)、ブローニュ=シュル=メール(Boulogne-sur-Mer)そして第25代フランス大統領のエマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)の出身地のアミアン(Amiens)などが候補でした。それらの候補の中でも当時美術館がなく、炭鉱の閉山によって貧困に喘いでいたランスが最後まで残ったのです。

日本の建築家ユニットSANAA

世界各国から120以上の建築家がルーヴル・ランスの建築のコンペに参加しました。その中を勝ち抜いたのが日本の建築ユニットのSANAAこと妹島和世(せじまかずよ)と西沢立衛(にしざわりゅうえ)です。日本国内では東京だと表参道のディオールのビルが有名ですが、同時期に建てられた金沢の21世紀美術館や直島のフェリーの待合室「海の駅なおしま」も彼らの作品です。特に最後の2つの建物とルーヴル・ランスを比べてみると、自然光を生かした採光や現代的なデザインでなおかつ開放感のある建築という点で共通しています。また、美術館という「美術の権威」的な圧迫感がなく、彼らが日常の延長にある「公園のような建築」を目指しているからなのかもしれません。実際に建物の周りや外でサンドイッチなどを持ち寄って食べるスペースがあって、気軽に敷地に入っていけます。

DSC_0752
ルーヴル・ランス美術館の外観
かつてパリのエッフェル塔や東京の都庁ビルがそうだったように、この伝統的な美術館らしくない外観を持つルーヴル・ランスの出現は地元の人にとっては当初はUFOのような存在だったようです。まず地元に受け入れられることが重要だと考えたルーヴル・ランスは建築的なハード面のアプローチだけでなく、ソフト面でも新たな試みを行いました。ルーヴルの当初の理念に従って誰でも美術を楽しめるようにと常設展の「時のギャラリー(Gallerie du temps)」の2014年末まで入場料を無料にしました。その後何度かの延長を重ねて2017年末(2017年5月現在)まで無料で入れるようになっています。

この「時のギャラリー」はパリのルーヴル美術館の所蔵コレクションを時代列に展示したものです。ルーヴル・ランスは他の美術館と違い所蔵品がないため、このギャラリーは本館に眠る美術品の傑作の数々を楽しめる場所です。本館の2階のように自然光による採光で美術品は照らされている点では同じですが、時代や国ごとに壁で隔てられていないことが本館を含めた他の美術館との大きな違いです。

DSC_0758
時のギャラリー
奥に向かってなだらかな傾斜を下っていくと周りの美術品の年代もそれに従って紀元前から現代へと進み、右に行くと東洋美術、左に行くと西洋美術といった具合に、直感的に時間軸と地理軸の上に今見ている作品を置くことができます。同じ時代に生み出されたヨーロッパと中東の作品を比べて鑑賞することも容易で、これは従来の美術館にはあまり見られない展示方法です。

DSC_0754
ルーヴル・ランスの倉庫スペース
もう一つのルーヴル・ランスならではの特徴は倉庫・修復スペースがガラス張りになっており、普段は見られない美術館の裏側を見られることです。ガイドツアーも行われており、美術を別の視点からよりよく知ることができるようになっています。これも開かれた美術館を印象付ける部分ですね。

2018年の夏にはルーヴル・ランスの目の前にかつての炭鉱の町によく見られた建築様式の家並みの外観を残して改装したホテルが創業予定です。この機会にぜひパリのルーヴル本館とは違う新たな切り口のルーヴルを体感してみてはいかがでしょうか?

ルーヴル・ランスへのアクセス

パリの北駅(Gare du Nord)からTGVで約1時間10分。ランス駅からは徒歩で20分、また無料のシャトルバスも出ています。ランスからはアラスリールなども電車ですぐなので合わせて観光することをオススメします。

広告