将来モナ・リザがパリからルーヴル・ランスに貸し出されるかも?

1974年を最後に旅することをやめた「モナ・リザ」の旅行記

See adjacent text.

フランスの都パリにあるルーヴル美術館にある一室には館内で一番大きい絵画「カナの婚礼」があります。大きさは縦670㎝、横990㎝。まさに壁一面を覆うこの絵は、キリストの奇跡について描いたルネサンス期のイタリア人画家ヴェロネーゼの作品の一つです。

ルーヴル美術館による「カナの婚礼」の解説(日本語)

そんな大作が後ろにあるのにも関わらず、訪問者の視線をいつも独り占めしているのがその向かい側にある絵画「モナ・リザ(フランス語ではla Joconde)」です。かつて盗難にあったことから警備は厳重で、絵がガラスで覆われているばかりでなく、近づけないように囲いがされており、さらには警備員が目を光らせています。

ルーヴル美術館の三大貴婦人の一人でもあるこの絵は縦が77㎝、横が53㎝です。日中に行くと多くの人に囲まれていることもあって、実際に遠くから本物を目にすると想像しているよりも小さく感じられます。

「モナ・リザ」は世界で一番有名な絵であるにも関わらず、謎が今だに多く、美術史家たちは議論を止めようとしません。レオナルド・ダ・ヴィンチが描いたこの絵は、多くの逸話も手伝って、西洋美術史に名を刻む数々の名画や彫刻の中にあっても圧倒的な存在感があります。皆さんは「モナ・リザ」のないルーヴル美術館を想像することができますか?想像できないという方が大半なのではないでしょうか。

「モナ・リザ」がルーヴル・ランス美術館に?

現在ではルーヴル美術館の顔である「モナ・リザ」は門外不出であるというのが美術館関係者の暗黙の了解です。しかし、2018年1月末にフランソワーズ・ニセン(Françoise Nyssen)文化大臣の発言が思わぬ形で議論を呼ぶことになりました。

「ルーヴル美術館は移転させられないでしょうが、なぜモナ・リザやバイユーのタペストリーを移動させることが禁じられているのでしょうか?」

発言の直後、すぐに「例えばの話」であるとつけ加えたようですが、時すでに遅し。ルーヴル・ランス美術館のあるランス(Lens)の市長はすぐにフランス大統領エマニュエル・マクロンに「モナ・リザ」の貸与を求める手紙を出しました。これはルーヴル・ランス美術館の創建当時からの悲願の一つでもあったからです。

この一連の流れに刺激されるかのように、ルーヴル・ランスに「モナ・リザ」をという機運が一気に高まります。SNS上では「#LaJocondeaLens(#モナ・リザをランスに)」というハッシュタグが溢れ、ついには現在はフランスリーグ2部に所属する熱狂的なサポーターで知られるランスのサッカーチームの試合には下の写真のような横断幕が掲げられました。

世界中を旅した「モナ・リザ」の足跡

世界中から熱い視線を浴びる「モナ・リザ」の貸し出しの話題が上がるのはルーヴル・ランスだけの話ではありません。例えば、数年前にはイタリアへの貸与が取りざたされました。イタリアといえば作者のレオナルド・ダ・ヴィンチの故郷でもあります。

現在「モナ・リザ」がフランスにあるのは、時のフランス国王フランソワ1世に請われてフランスに来た際に、アルプスを越えて自らが持って来たからなのです。1519年にダ・ヴィンチが死去した後に、フランソワ1世によって買われた絵はフォンテーヌブロー宮殿に約100年飾られました。そして、ルイ14世によってヴェルサイユ宮殿に持ち込まれ、1797年になってパリのルーヴル美術館に落ち着きました。

こうしてルーヴル美術館の所蔵となった「モナ・リザ」ですが、時の権力者に愛されたこの絵の名声をさらに高める出来事が起きます。これがかの有名な1911年の盗難事件です。犯人のイタリア人のヴィンチェンツォ・ペルッジャ(Vincenzo Peruggia)は、イタリアへの愛国心からイタリア人ダ・ヴィンチの絵はイタリアに飾られるべきだと考えていたとも言われます。

2年間の間は自らのアパートに隠し持ち、フィレンツェのウフィツィ美術館館長に売却の話を持ちかけたところを逮捕されました。その後、イタリア国内で展覧会が行われ、ルーヴル美術館に戻って来ました。

微笑むことはできても、自らの意思でパリに留まると言葉にできない「モナ・リザ」はその後も住まいを転々とします。第二次世界大戦中はドイツ軍の手から逃れるために、フランス国内のシャンボール城などに保管されました。

パリに帰還後は1960年代にはアメリカに、そして1974年にはモスクワ、そして東京にもやって来ました。この時の「モナ・リザ」展は日本国内を熱狂の渦に巻き込みました(下の動画の6分30秒頃からその様子を映像で見ることができます。

将来ルーヴル・ランス美術館に「モナ・リザ」が飾られる実現度は?

DSC_0752
ルーヴル・ランス美術館

これまで見てきたように「モナ・リザ」はダ・ヴィンチがイタリアからフランスに運んできて以来、多くの土地に足を踏み入れてきました。しかし、1974年のモスクワと東京を最後に「モナ・リザ」はルーヴル美術館から外に出ていません。これまで必ずしも適切な環境で管理されてこなかった代償を払う形で、絵は今やまさに満身創痍の状態であり、この上の度重なる移動は絵に大きな負担をかけるためです。

すでに「モナ・リザ」の左目の上には裂け目が確認されているだけでなく、絵が描かれているポプラ板の反りがさらなる被害を生み出す可能性があります。そのため、絵画の状態維持のためには厳格な湿度管理が必要となるため、ルーヴル美術館の関係者は「モナ・リザ」の持ち出しに否定的なのです。

とはいえ、これらの国宝とも言える絵画などの美術品の国内外への持ち出しは、重要な外交カードとしての側面もあり、行政主導で行われるのが常です。アブダビにルーヴル美術館別館ができたばかりですが、軌道に乗るまでの間フランスから多くのルーヴル美術館の所蔵品が貸与されています。また、現代アートの分野においても、フランスのメス(Metz)に続いて、スペインのマラガ、そして上海にも現代アートに特化した美術館のポンピドゥー・センターが開業する運びとなっています。

フランスは芸術振興には長い歴史があり、その根幹にあるのが誰にでも芸術をというルーヴル美術館の開業時の理念でもあります。ルーヴル・ランス美術館別館はまさにパリに行かずとも芸術を享受できるようにと作られた経緯があります。

閉山された炭鉱の跡地に建てられたルーヴル・ランス美術館プロジェクト

冒頭の文化大臣の発言にあった「バイユーのタペストリー」は英仏の両首脳によって2022年にイギリスに貸与されることが正式に発表されました。もしかしたら、次は「モナ・リザ」の番なのかもしれません。日本でそうであったように、仮にこの絵がランスに貸し出されることになれば、大きな経済効果が街にもたらされることは間違い無いでしょう。この決断はこのような政治・経済的要素と絵の命を天秤にかけて行われることでしょう。

傷だらけの「モナ・リザ」の微笑みが果たしてもう一度ルーヴル美術館の外に見られるのでしょうか?もしかしたら・・・そんな日がまた来るのかもしれません。

広告