宝くじを買ってフランスの文化遺産を救え!

文化遺産を救うための資金を宝くじで集める試み

この話の始まりは2017年9月に遡ります。フランス大統領エマニュエル・マクロンがテレビ番組の人気司会者のステファン・ベルヌ(Stéphane Bern)にある任務を依頼しました。その任務とは歴史や文化遺産に造詣が深いジャーナリストである彼に修復されず崩壊の危機に瀕している文化遺産を救うことでした。

その1年後、2018年9月3日。ステファン・ベルヌとロトなどを販売するFDJが中心になり、「文化遺産くじ(Loto du patrimoine)」という2種類の宝くじが発売されました。これは売り上げの一部をフランス国内の269の文化遺産の修復に使われるという画期的なものです。

3ユーロのロトと15ユーロのスクラッチくじの2種類で、1等はそれぞれ130万ユーロ(日本円で約1億7千万円)と150万ユーロ(約2億2千万円)。3ユーロの方の抽選はヨーロッパ文化遺産の日の前日の9月14日に行われました。また、15ユーロの方は1200万枚印刷されているそうで、スクラッチくじとしては高額にもかかわらず売り上げは好調なようです。

普段は公開していないあの建物に入れるヨーロッパ文化遺産の日とは?

どのような文化遺産が宝くじで救われるのか?

モン・サン・ミッシェルの文化遺産宝くじのスタンド
ヨーロッパ文化遺産の日にはモン・サン・ミッシェルにも宝くじのスタンドが設けられた。

ところで、肝心の文化遺産修復に充てられる金額ですが、この2つのくじの売り上げの10パーセントとなるとのこと。そのお金はフランス各地の269の文化遺産、特に海外県を含むフランス各地方から1つずつ選ばれた18の文化遺産の修復に優先的に使われます。

このリストが特徴的なのは、リスト内の修復を要する文化遺産の中には誰もが知るような有名な建物などは入っていないということ。そういった文化遺産には十分な修復資金が回される一方で、小さな地方の文化遺産は見捨てられてしまう傾向にあるからです。まさに、おらが街の文化遺産を救うプロジェクトと言えます。

宝くじを最初にフランスで始めたのはフランソワ1世だった?

宝くじを使って文化遺産を救うという取り組みは一見すると突飛のようにも思えます。しかし、宝くじで得た収益を建物に充てるということは今に始まったことではありません。

フランスの宝くじの歴史は長く、1539年には当時のフランス王フランソワ1世が国が発行する最初の宝くじを始めています。しかしながら、イタリアから輸入されたこの試みは国の徴収分があまりにも多かったため大失敗に終わります。

その後、18世紀に入り、キリスト教の修道会主導で行われた宝くじの収益金を使って、パリのサン・シュルピス教会やマドレーヌ寺院、後にパンテオンとなるサント・ジュヌヴィエーヴ聖堂などが建てられました。1776年にはルイ16世治世のフランス王室の下、王立軍人学校(École royale militaire)の建築資金を捻出するために国の宝くじが実施されています。

こうして見ると、21世紀に建物などの文化遺産を修復するために宝くじが行われるのも必然なのかもしれません。そして、形はどうあれ国民が意識を持って身近にある文化遺産に理解を持って、その保護のために行動するということが大事なのではないでしょうか。

宝くじははずれるとがっかりしますが、その支払ったお金の一部がきちんと今にも崩壊の危機にさらされている建物などに使われ役に立っていると思うと、晴れやかな気分になるのではないでしょうか。

文化遺産スクラッチくじ

もちろん、当たった方がうれしいですけどね・・・。

広告