ノルマンディーのカマンベールチーズ戦争についに終止符?

カマンベールチーズの保護生産地呼称が実質規制緩和へ

カマンベールチーズ Gillot

18世紀にノルマンディー地方の小さな村カマンベール(Camembert)で生まれたカマンベールチーズ。その名声は今では世界中に広がり、今や日本でもその名前は多くの人に知られています(詳しくは下記の記事をどうぞ)。しかしながら、その知名度がゆえに、ノルマンディー地方のカマンベールチーズ製造業者の間で保護生産地呼称ことAOPの権利を巡って争いが行われていることはあまり知られていません。

知られざる「ノルマンディーのカマンベールチーズ」の秘密

AOP(保護生産地呼称)とは、EU圏内の一定の製法や原料に基づいて作られた食品などに与えられるもので、その条件を満たしている製品には下記のようなラベルが貼られます。こうすることで、伝統を守る生産者や伝統によって培われたその名前を守るだけでなく、そのブランド力を利用して製法を守らず大量生産することで利益を得ようとする同業者たちとの差別化を計ることができるのです。

Logo_AOP

「カマンベールチーズ」はAOPではない?

消費者にとって、スーパーや小売店に並ぶカマンベールチーズはどれも一緒に見えるかもしれませんが、生産者にとっては大きな違いがあります。AOPのカマンベールチーズは「Camembert de Normandie(ノルマンディーのカマンベール)」と書かれています。これはカマンベールチーズ自体がAOPに登録されていないためで、「ノルマンディーの」とつけることで差別化を図ろうとした結果です。

伝統的なカマンベールチーズは低温殺菌していない生乳のみが使われ、手で柄杓を使って乳を型に流し込んで作られます。こうすることで生まれる風味は大量生産で作られたものとは一線を画し、AOPのおかげでその製法と存在が保たれているとも言えます。実際にスーパーのチーズ売り場に行くとカマンベールチーズだけで何種類もあり、AOPがなければ消費者が伝統製法で作られたものを選ぶのは至難の技だからです。

そんなカマンベールチーズの市場において、95パーセントのシェアを持つ大手の乳製品会社は「Camembert fabriqué en Normandie(ノルマンディー産のカマンベール)」という形で「ノルマンディーのカマンベール」を追随しました。消費者を混乱させるこの名称をAOPのあるカマンベールチーズの製造者たちは許すはずもなく、「ノルマンディー産の」の部分を外すように抗議をする形で始まったのが、このカマンベールチーズをめぐる争いのきっかけでした。

どれが「本物の」伝統的なカマンベールチーズ ?

様々な種類のカマンベールチーズ

去る2018年2月21日に関係者の間で会合が持たれ、この約10年にわたって続けられた争いに一度終止符が打たれました。新たな決定によると「Camembert fabriqué en Normandie(ノルマンディー産のカマンベール )」が2021年までに完全に撤廃されることとなりました。

一見すると、伝統的なAOPカマンベールチーズ製造者たちの勝利に見えるのですが、実は注釈が付いています。というのはAOPの基準が緩和され、これまでは生乳のみの使用が許されていたのですが、低温殺菌した乳も使うことができるようになりました。また、これまではノルマンディー原産種の牛乳の使用が全体の50パーセントを占める必要があったのが、30パーセントまで引き下げられました。

つまり、大手の乳製品会社も、多少の製造方法を見直す必要があるものの「Camembert de Normandie(ノルマンディーのカマンベール)」の名前とAOPのラベルを自社の商品に貼ることが容易にできるようになるのです。こうしたことから、一部ではすでにカマンベールチーズの品質の低下と伝統的な製法の消失が危惧されています。

ちなみに、今後伝統的な製法を守ったカマンベールチーズを見分けるにはどうすればいいのでしょう?実は新たなAOPが作られることになりそうです。その候補の一つが「Véritable camembert de Normandie(本物のノルマンディーのカマンベール)」。

冗談のような本当の話です。本物が声を大にして「本物」だって名乗る時代が来たようです・・・。

広告