レンヌで必ず行きたいガレットとクレープの専門レストラン「ラ・サン=ジョルジュ」

レンヌで美味しいガレットとクレープを食べたいなら「ラ・サン=ジョルジュ」がオススメ!

IMG_3376.JPG

ブルターニュ地方の名物といえばクレープとガレットです。クレープはもちろんですが、そば粉を使ったクレープことガレットも少しずつ日本での認知度が上がっていて、全国各地に専門店が増えています。

とはいえ、何と言っても本場はブルターニュです。その歴史の始まりは13世紀まで遡り、15世紀末から16世紀初めにかけてブルターニュ女公であったアンヌ・ド・ブルターニュが蕎麦栽培を奨励したことにより、ブルターニュでのガレットの地位は揺るぎないものとなります。

フランスにおけるクレープの故郷ブルターニュ地方を訪ねて

レンヌのクレープ専門店ラ・サンジョルジュ

そんなクレープとガレットの故郷ブルターニュの首都であるレンヌに来たからにはぜひ2つとも食べて帰りたいと言う方多いと思います。レンヌ中心街には伝統的な店構えのレストランもたくさんありますが、著者があえてオススメしたいのがレンヌの中心街に2つの店舗を持つラ・サン=ジョルジュ(La Saint-Georges)です。

週末の土曜日となると予約をしないと席が取れないほど地元の人にも大人気のラ・サン=ジョルジュ。一度来るとレストランの世界観や哲学、そしてもちろんガレットやクレープの美味しさに魅了されます。一般的なガレット専門店とは一線を画すそのスタイルは、店内にも見て取れます。内装のデザインや装飾はどちらかと言うと庶民的なガレットのイメージに反して、洗練された高級レストランにいるかのような印象さえ受けます。

レンヌのガレット専門店ラ・サン・ジョルジュの内装
Rue Jules Simonにある店舗の内装

どのガレットを頼んでも名前は「ジョルジュ」や「ジョージ」?

そんなオシャレな雰囲気に少し緊張しつつも、お店の人に席に案内されてメニューを広げると思わずクスッと笑ってしまいます。実はガレットの名前が全てが店名にちなんでフランス語のジョルジュ(Georges)や英語のジョージ(Georges)で始まっています。この辺りにこのレストランの遊び心が伺えます。

レンヌのラ・サン・ジョルジュのメニュー
レンヌのラ・サン・ジョルジュのメニュー

「ジョージ・マイケル1つお願いします。」

「じゃあ、私はジョージ・ハリスン下さい。」

・・・と言った感じで注文することになり、なんだか思わず顔がほころんでしまいます。もちろん、これだけでもちょっとした話のネタになります。ラ・サン=ジョルジュには定番から斬新なものまで何十もの豊富なガレットの種類があるので、皆さんのお気に入りのジョルジュかジョージが見つかるはずです。

こだわりの食材と革新的なレシピ

ボルディエのゆずバターを使ったクレープ
ボルディエのゆずバターを使ったクレープ

ラ・サン=ジョルジュへの細部へのこだわりはガレットの名前だけでなく、食材にもしっかり表れています。例えば、食材は冷凍品を使わず新鮮なものや自然食品を使い、クリームやアイスクリームなども昔ながらの製法で作っているところから仕入れています。また、バターは一流シェフにも愛用されているブルターニュ地方サン・マロ(Saint-Malo)のボルディエのバターを使っています。

サン・マロの「バターの演出家」ボルディエのこだわりとは?

こうしたブルターニュ産の食材を使って作るガレットは程よいクリスピーさを残しつつも、素材の質の高さは食べるとすぐに分かります。どれを食べても美味しいので、どれを選ぶか迷ってしまうのが問題ではあります。チーズやハム、卵を使った定番もいいですが、少し冒険したい方にもきっと満足する食材の入ったものが見つかるはずです。もちろん、デザートのクレープの方も色々な種類がありますよ。

ラ・サン=ジョルジュは日曜と月曜と祝日は定休日です。平日は10ユーロ代前半でガレットとクレープのセットになったメニューもあります。また、土曜日はとても混むので予約をしておいた方が確実です。

ラ・サン=ジョルジュのホームページ(フランス語)

ちなみに、著者のオススメは・・・

IMG_2257

 

せっかくなので著者のオススメについても少し。正直言ってどれを選ぶか難しいのですが、著者のマイブームのガレットが、レンヌで20世紀に活躍した建築家の名前をとった上記の写真のガレット「Geoges MAILLOLS」です。

フランスで栄養価の高さから注目されつつある食材でもあるブルターニュ産の海藻(フランスではwakaméと呼ばれています)と鮭の燻製、そしてマッシュポテトを短冊状に折りたたんだガレットにクリームソースを添えたものです。味はもちろんですが、地元の食材と普通のガレットの定番にない食材を使った創造性の高さは素晴らしいなと思います。

そして、デザートにはボルディエのゆずバターを使ったクレープでしょうか。サン・マロなどブルターニュ地方にはボルディエのバターを使っているところは多いと思うのですが、ゆずバターのクレープを食べられるところはまだまだ少ないです。

ゆずはフランスでも食材として大変注目されていて高知県などから多く輸入されています。YuzuとWakaméという少し日本のエッセンスの入ったガレットとクレープ、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

広告