ブルターニュ地方カンカルの牡蠣がフランス人に愛される理由

ルイ14世をはじめ歴代のフランス王も愛したカンカルの牡蠣

11月も終わりになるとフランス各地でマルシェ・ド・ノエル(marché de Noël、フランス語でクリスマスマーケット)が開かれるようになり、テレビではクリスマスプレゼントを意識したCMが流れ始めます。バカンスシーズンでもあるクリスマスから年末年始にかけては、フランスでは家族や友人同士で食卓を囲む機会が多く、少し贅沢をしようと海の幸の需要が高まる時期でもあります。

そんな年の瀬に魚屋さんに行くと、海老、貝、蟹などを買い求める人をいつもより多く見かけます。しかし、この時期の魚介類の主役は何と言っても牡蠣です。数ある産地の中でもとりわけブルターニュ地方のカンカル(Cancale)産の牡蠣は高い名声を誇ります。モン・サン・ミッシェル湾の西端に位置するカンカルは、ヨーロッパ最大規模の潮の満ち引きの生み出す新鮮な自然の恵みを味わえる美食の街でもあります。

時代の寵児に愛されたカンカルの牡蠣

カンカルの牡蠣を仕分ける女性像
カンカル旧市街にある牡蠣を仕分ける女性の像

「ローマは1日にしてならず」とよく言いますが、カンカルの牡蠣が築いている今の地位は長い歴史に裏付けされています。有史以前から既に食されていたとフランスの沿岸地域原産のヨーロッパヒラガキ(huître plate)という種類の牡蠣は、現在のフランスだけでなくヨーロッパ中を我がものとしていたローマ帝国の目にも止まります。この時、なんと彼らはこの時牡蠣の養殖さえも試みていたようです。

中世から近世にかけても、フランスの海岸沿いでは牡蠣は引き続き食べられていました。その一方で、都市部の貴族には高級品として珍重されていました。中でも、カンカルの牡蠣はアンリ4世、ルイ14世、ナポレオン1世など時の権力者に愛されます。ルイ14世にいたっては、わざわざカンカルからパリ近郊にあるヴェルサイユ宮殿まで取り寄せさせて毎朝食べるほどで、食事前に6ダースの牡蠣を平気で平らげていたようです。

レンヌ発ブルターニュガイドツアー
広告