モン・サン・ミッシェル湾のムール貝で知られる港町ル・ヴィヴィエ=シュル=メール

絶品の「ムール貝のロールス・ロイス」が収穫される港を訪れて

ユネスコ世界遺産にも指定されているモン・サン・ミッシェル湾の名物といえばやはりムール貝です。湾で取れるムール貝は保護原産地呼称(Appellation d’Origine Contrôlée、略称AOC)のラベルが海産物で唯一付けられているもので、その品質の高さはフランス中で保証されています。10000から12000トンにも上る出荷量はフランス国内の生産量の約5分の1を占めています。

このモン・サン・ミッシェル湾の海の恵みの養殖基地となっているのが、ル・ヴィヴィエ=シュル=メールという小さな港町です。港の周りには上の動画のような「プレ・サレ」と呼ばれる大潮の際に海水に覆われる放牧地が広がり、沖にはモン・サン・ミッシェル湾ならではの風景でもあるブショー(bouchot)と呼ばれるムール貝を養殖するために使われる杭が並んでいます。その数は24万とも言われていて、高い所から湾を見るとその姿がはっきりと確認できます。

ル・ヴィヴィエ=シュル=メールを散策

ル・ヴィヴィエ=シュル=メールはムール貝を加工するための工場などはありますが、一見どこにでもある小さな漁村のように見えます。しかし、他にはない特徴があります。まずは何と言ってもヨーロッパでも最大の潮汐の規模を誇るモン・サン・ミッシェル湾にあるということです。つまり、満潮と干潮で周りの景色は一変してしまうのです。数時間前までは海だったところが陸になる、あるいはその反対もよく起きるので、ここで仕事をする人にとって潮位表は欠かせません。

ル・ヴィヴィエ=シュル=メールの水陸両用の船

とはいえ、潮の満ち引きに左右されていては安定してムール貝を収穫することはできないので、ここル・ヴィヴィエ=シュル=メールには上の写真のような水陸両用の船があります。一見するとただの船のようですが、船の下部には車輪があります。そのおかげで干潮になっても陸を走ることができるのです。