ナントのレストラン「ラ・シガル」で美しいアール・ヌーヴォー建築に見とれる

重要文化財にも指定されている1895年創業のナントのブラッスリー

どの街にもその街の「顔」と呼べるようなレストランがあります。伝統と格式が生み出す佇まいがそうさせるのか、普段より少しだけドレスアップして行きたくなるようなレストラン。口コミで広がった評判は空間だけでなく時間を超えて続いて行き、今も客足が絶えないレストラン。

パリから約2時間、ロワール川流域にあるフランス北西部の街ナント(Nantes)のグラスラン広場(Place Graslin)にあるレストラン「ラ・シガル(La Cigale)」はまさにそんなレストランと言えるかもしれません。1895年に創業されたレストランはその建物の美しさから訪れる人を料理以外でも魅了しています。

120年に渡って続く「ラ・シガル」の歴史

ナントのラ・シガル

ラ・シガルの建物は1894年に地元の建築家であり陶芸家のエミール・リボディエール(Émile Libaudière)によって建てられました。レストランの窓からは建築当時と変わらず18世紀末に創設されたグラスラン劇場(現在の建物は19世紀前半に再建されたもの)が見えます。ラ・シガルはこうした立地条件もあり、創業された当時から観劇の後に立ち寄る社交の場として栄えていたことは想像に難くありません。実は、シュルレアリスム(シュールレアリズム)運動の中心人物のフランス人の詩人アンドレ・ブルトン(André Breton)もここの常連でした。

華やかな内装は120年近く経った今でも色あせることはありません。中に入るとその色鮮やかな装飾に圧倒されます。いくつかの映画の舞台となったことも頷けます。そんな長きに渡ってナントの社交の場となったラ・シガルですが、1964年に転機が訪れます。家主が変わった事でセルフサービスの店として営業されることとなったのです。それと同時に、改築などによって建築当初の輝きを失わないように「ラ・シガル」は重要文化財として指定されました(下の動画は1966年のラ・シガルの様子を残した貴重な映像です)。

1970年代に入ると客足が途絶え、その存在が次第に忘れられるようになります。しかし、80年代に入り現在のようなブラッスリーとして営業されるようになり、まさに不死鳥のように蘇りました。こうして19世紀末から20世紀初頭のナントの文化の象徴とも言える「ラ・シガル」は今もかつての姿を保っているのです。

広告