ブルターニュ地方のディナンで一番美しい通りを歩いて感じる街の歴史

旧市街とディナン港を繋ぐ街のかつての大動脈

ディナンの城壁からみたディナン港とランス川
ディナンの城壁からみたディナン港とランス川

フランス北西部ブルターニュ地方の街ディナン(Dinan)は「中世の街」と呼ばれています。115を数える木骨造りの街並みはレンヌやヴァンヌ、ヴィトレなどに次いでブルターニュでも屈指の規模です。現在は人口1万人前後の小さな街ですが、かつてはレンヌやナントに次ぐ大きさのブルターニュ地方でも有数の商業の街として栄えていました。

城壁に囲まれた街の旧市街から75メートル下にはランス川(la Rance)が流れており、ほとりにはディナン港があります。このランス川とディナン港は街の発展の歴史を語る上で欠かせないもので、この2つと街を繋いだ道が重要な役割を果たしていました。木骨造りの建物が立ち並ぶこの道はディナンで最も美しい道として知られています。

ディナンの発展を支えたランス川とディナン港

全長102kmのランス川はディナンを通り、北に位置するサン・マロやディナールの間を通り、イギリス海峡に注ぎます。サン・マロのあたりはモン・サン・ミッシェル湾と並んでヨーロッパでも屈指の潮の満ち引きの規模でも知られており、ランス川の河口には潮力発電所が設けられています。

この河口付近にサン・マロの対岸にあるサン・セルヴァン(Saint-Servain)という小さな街があります。ここはかつてアレット(Alet)と呼ばれ、この辺り一帯を支配していたケルト民族の首都でもありました。移動や物資の運搬などに便利だったランス川は戦略的にも重要で、そのため上流にある現在のディナンに11世紀の前半に城を築いたのがディナンの歴史の始まりでした。

ディナン港のヴィユー・ポン(左中央の橋)
ディナン港のヴィユー・ポン(左中央の橋)

ディナンの始祖と言われるジョスラン(Josselin)は街を経済的にも発展させることを考え、ランス川には橋が架けさせました。現在ではヴィユー・ポン(Vieux pont)と呼ばれるこの橋は人と商材の往来を活発化させ、さらに彼の子孫は地元の商人の税を軽減させるなどの優遇措置を取ったため、中世のディナンは商業の街として発展していきました。

ランス川流域のディナン周辺にはぶどう畑が広がっていて、また小麦などの農作物が豊富でした。こうした自然の恵みに支えられた街の発展の基盤はやがて織物などの手工業へと推移して行き、中世の終わりには商業の街としてだけでなく、職人の集まる街となっていました。

今でもその当時の面影が残っているのが、ジェルジュアル通り(Rue du Jerzual)からジェルジュアル門(Porte du Jerzual)を抜けて、プチ・フォール通り(Rue du Petit-Fort)、そしてディナン港(Port de Dinan)に続いていく道です。

広告