シャトーホテルだけじゃない!フランスの歴史的建造物に泊まってみよう

歴史的建築物を宿泊施設として使うということの意義

先日、重要文化財に指定されている奈良少年刑務所が閉鎖されて民間の手によって「監獄ホテル」として新たに生まれ変わるというニュースが話題になりました。ロンドンやボストンなど海外でも数例あり成功を収めているようです。老朽化によって建物の状態を維持をするのが難しくなり、企業が修復費用を負担する代わりに商業利用するというケースは今後ますます増えていくことと思います。賛否はありますが、行政が維持できなくなり修復されず放置されると建物の状態は悪化の一途を辿るのみです。その観点からすると、こういった利用方法は行政側にも企業側にも双方にとって有益なものだと言えます。

一方で利用者にとってもメリットはあります。旅行という非日常体験において、旅行者はホテルとは違う新たな形の宿泊形態を求めるのはごく自然なことです。京都でも古い町屋が宿泊施設として使われていて外国人観光客に人気を博しているのも頷けます。

日本と同様にヨーロッパでは積極的にこういった取り組みがなされています。スペインではアルハンブラ宮殿内のホテル、フランスだと近世以降に建てられた城や邸宅を改装してホテルにしたシャトーホテルは日本でもよく知られています。こうした歴史のある建造物を改築して使う例はシャトーホテルのような優雅な外観を持つ建物だけに限りません。今回はフランスにある歴史的建造物を使った2つ星から4つ星ホテルまでそれぞれ宿泊施設を1つずつご紹介したいと思います。

アラスで一番古い歴史建造物を改装した2つ星ホテル

DSC_0645
オテル・レ・トゥワ・リュパール

フランス北部のオー・ド・フランス地域圏にあるアラスの中心部にはグラン・プラス(Grand Place)という広場があります。フランス語で文字通り「大きな広場」という意味のこの広場にはバロック・フラマンド様式の建物が整然と並んでいます。その中で一つだけ違う建築様式の外観を持つのが、1467年に建てられた煉瓦造りの建物です(上の写真の左から2つ目)。ベルギーのブルージュなどでよく見られる屋根の妻側(三角の部分)が階段状になっているのが特徴で、アラスで現存するもので一番古い建物でもあります。

グラン・プラスで唯一のゴシック様式のこの建物はオテル・レ・トゥワ・リュパール(Hôtel les Trois Luppars)という2つ星のホテルとして現在使われています。実際に著者もここに泊まったことがあり、その際にホテルの受付の方と少しお話をする機会がありました。彼女によると「この建物は重要文化財(monument historique)に指定されているために、改装をするためにも色々と行政の許可が必要で大変だ」そうです。余談ですが、フランスの重要文化財の保護に関する法律はその建物と周辺の半径500メートルまで適用されます。つまり重要文化財の近くに住む人たちも自分の家の思うように改築することができないのです。これはフランスには古い街並みが多い一つの要因でもあります。

スダンの城塞を改装した3つ星ホテル

フランス北東部の街スダンは1870年に普仏戦争において戦場となった街です。当時のフランス皇帝であり軍の最高司令官であるナポレオン3世がスダンでプロイセンの捕虜となり、その結果、普仏戦争におけるフランスの敗北と第二帝政の終焉を迎えることとなりました。

そのスダンの街で圧倒的な存在感を放っているのがスダン城(château de Sedan)です。城、つまりフランス語でシャトー(château)というよりは城塞(forteresse)という方がスダン城はしっくり来ます。高い城壁や壁から突き出た半円状の塔などは中世の防衛システムそのものです。その原型は15世紀前半に建てられ、ルイ13世の治世のフランスによって1641年に併合されるまで独立国としてのスダン公国の象徴でもありました。

1965年に重要文化財に指定されたこのスダン城ですが、スダン市は維持や修復をするための費用の捻出に苦労していました。そこで手を差し伸べたのがホテル事業の実業家であるオリヴィエ・グリオ(Olivier Gourio)でした。ヨーロッパの援助を受けて約600万ユーロ(日本円で約7億4600万円)かかる城壁の修復を請け負い、かつ60年間の賃貸契約書にサインすることを条件に、市はスダン城のホテルとしての利用を許可しました(契約の最後には元の状態に戻すことが前提です)。2004年に始めたこの「城塞ホテル」事業は成功し、今ではグリオ氏はこのような修復が必要な歴史的建造物を次々とホテルとして蘇らせています。

ルーヴル・ランスを満喫!かつての炭鉱夫の住居を改装した4つ星ホテル

DSC_0751
かつての炭鉱夫の住宅

最後はルーヴル美術館別館で知られるアラスと同じオー・ド・フランス地域圏にあるランス(Lens)です。ランスはかつて炭鉱の町として知られ、多くの炭鉱夫が住み込みで働いていました。炭鉱の近くには集合住宅が作られ、炭鉱が閉山となった今でもこれらの建物はかつてのまま残されています。

炭鉱の閉山によって地元の経済の再生を目指したランス市は観光にその活路を求めました。2012年のルーヴル・ランス美術館の開館、ノール・パ・ド・カレ地方の炭田地帯のユネスコ世界遺産認定などにより観光面で充実してきたランスのもう一つの課題が宿泊施設でした。そこで目をつけたのがかつての炭鉱夫の住宅でした。ルーヴル・ランスの目の前にあるという立地は申し分なく、ルーヴルが誇るコレクションを存分に楽しむことができるからです。このホテルは2018年の開業を目指して工事を進めています(下の画像が完成予想図です)。来年ルーヴル・ランスを訪問予定の方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

広告