アルザス地方で「赤いクチバシのコウノトリ」が愛される理由

アルザスでシュバシコウを見ると幸せになれる?

アルザス地方のシンボルとも言える鳥シュバシコウ。シュバシコウとは和名で「赤いクチバシのコウノトリ」という意味で、赤いクチバシが特徴のコウノトリ目コウノトリ科の白い鳥です。

シュバシコウは実際に近くで見るとかなり大きな鳥で圧倒されます。身長は1〜1.15メートルで体重は3〜4キロ。翼を広げるとその幅は1.2〜1.6メートルに達します。渡り鳥で、アルザスにいるものの2割くらいは冬をアフリカなどで過ごし、春になると再びアルザスに飛来します。その大きな体躯のおかげで往復12000キロ近くの旅ができるというわけです。

アンシのコウノトリ
アンシのイラスト

アルザスでは幸せを運んでくると言われるシュバシコウは、現地のどこのおみやげ屋さんに行っても、この鳥をデザインしたたくさんのぬいぐるみやポストカードなどが売られています。とりわけ、アンシ(Hansi)または親しみを込めてアンシおじさん(Oncle Hansi)とも呼ばれるコルマール出身の絵本作家ジャン゠ジャック・ヴァルツ(Jean‐Jacques Waltz)のイラストは有名です。

シュバシコウとアルザスの知られざる関係

シュバシコウがアルザスにとって特別な鳥になったきっかけの一つは近年に鳥が絶滅の危機に直面したことです。1960年には148を数えたつがいのシュバシコウは1974年になるとその数は9に減少しました。理由としては、アフリカの干ばつとそれに伴って草原が無くなってしまったこと、アルザス地方にあった湿地を排水したこと、そして電線による感電死も挙げられました。

その事実に危機感を覚えたアルザスでは、シュバシコウを保護し、繁殖そして定住化させる取り組みが始まりました。例えば、ストラスブールのオランジュリー公園(Le parc de l’Orangerie)では飼育センターを設けるなど繁殖の取り組みが行われ、1971年以来800を超える雛が生まれました。現在でもこの公園に行くと間近でシュバシコウを見ることができます。

アルザスのシュバシコウ(コウノトリ)の巣
シュバシコウは家の屋根や煙突などの高いところに巣を作ります。

2012年の時点ではアルザスで600のつがいが確認されるまでになっています。地球温暖化の影響もあってか、近年では冬をスペインなどの近場で過ごす傾向が強まっているようで、中にはアルザスにとどまるものもいるようです。

赤ちゃんを運んでくる鳥シュバシコウ

時代とともにその生態は変わっているとはいえ、春に姿を表すシュバシコウは誕生の象徴であり、赤ちゃんを運んでくる鳥としても知られています。これは地元に伝わる「子供の井戸」と呼ばれるある伝承に由来しています。

ストラスブール大聖堂
ストラスブール大聖堂(写真中央)

この井戸ではかつて子供を授かりたい女性が来てお願いをしていたそうです。ストラスブールの旧市街にそびえる大聖堂の地下には池があり、そこでは生まれる前の赤ちゃんの魂たちが遊んでいました。そこの主であった地の精は女性の声を聞くと、銀色の船に乗って池を進み、金色の網で慎重に赤ちゃんの魂をすくい、シュバシコウに託しました。そして、シュバシコウは木骨づくりの家並みの街を飛び、赤ちゃんを揺りかごに届けたのです。

ちなみに、日本では赤ちゃんを運んでくる鳥といえばコウノトリです。シュバシコウはコウノトリの仲間ですが、厳密に言うと、日本など東アジアで生息するコウノトリはクチバシが黒いのが特徴で、クチバシの赤いシュバシコウはヨーロッパや北アフリカ、中近東に分布しており、似ているようで別の鳥です。

これはこの伝承が日本に入って来たときに、姿の似ているコウノトリに置き換えられたからとも言われているようです。ともあれ、クチバシの色は変わっても、この物語には国や文化を超えた普遍性があるからこそ日本で語り継がれているのかもしれませんね。

 

 

 

広告