EUの街ストラスブールで欧州議会を見学

アルザス地方のストラスブールはEUの重要機関がある理由とは?

ライン川を隔ててドイツと国境を接する街ストラスブール。この街にはヨーロッパ地区(Quartier européen)と呼ばれるところがあり、ドイツとフランスが共同出資する公共のテレビ局ARTEの本部やEUの機関である欧州人権裁判所(Cour européenne des droits de l’homme)や欧州議会(Parlement européen)などがあります。

実は、ストラスブールはブリュッセルやルクセンブルク、フランクフルトと並んでEUの中核を担う街。なぜストラスブールにEUの重要機関が置かれているのでしょうか?これは街の歩んだ歴史と無関係ではありません。ストラスブールは活版印刷を発明したグーテンベルクがかつて暮らした街であり、モーツァルトやゲーテなどが過ごしたところでもあります。つまり、文化的にヨーロッパの歴史と密接に関わってきました。

また、フランスとドイツの間で揺れ動いた街の歴史も見逃せません。普仏戦争後の1871年にドイツ帝国に譲渡後に開発された地区ノイシュタット(Neustadt)に残された建物の数々を見ると、ドイツ帝政下のストラスブールの様子を垣間見ることができます。第二次世界大戦後のヨーロッパの平和の実現において、両国の国境沿いにあるストラスブールの果たす役割はとても大きかったため、現在もEUの主要機関である欧州議会が置かれているのです。

欧州議会に刻まれた2人のフランス人女性の名

ストラスブール欧州議会のルイーズ・ヴェイス棟
ルイーズ・ヴェイス棟

ストラスブールの欧州議会の建物はルイーズ・ヴェイス棟(Bâtiment Louise-Weiss)と名付けられ、1999年の完成の式典には当時のフランス大統領ジャック・シラクと欧州議会議長が立ち会いました。ルイーズ・ヴェイスは1979年に欧州議会の議員が初めて直接選挙が行われた際*に最年長の86歳で議員に選出され、開会の際に演説を行なった女性です。彼女はジャーナリストであり、女性の選挙権拡大にも尽力しました。

ストラスブール欧州議会とシモン・ヴェイユ
パルルモンタリウム・シモン・ヴェイユ。写真の女性がシモン・ヴェイユ。

この建物の中にはもう一つの偉大なフランス人女性シモン・ヴェイユ(Simon Veil)の名前が刻まれています。シモン・ヴェイユは1979年から3年間に渡り女性で初めて欧州議会の議長を務めた女性であり、それまでは非合法とされていた人工中絶の合法化に取り込み、女性の解放に力を尽くしました。

彼女の名前がつけられたパルルモンタリウム・シモン・ヴェイユ(Parlementarium Simone Veil)というスペースではスクリーンやタッチパネルが設置されていて、映像とともに欧州議会について知ることができます。

*1979年以降は5年おきに直接選挙によって議員が選ばれている。

広告