モン・サン・ミッシェルにブルターニュの旗を掲げてみると・・・

ブルターニュの旗がEUの旗に取り替えられる

ところが、1週間経ってもブルターニュの旗はそのまま。これはそのままブルターニュとノルマンディーの旗を掲げ続けるのかなと思っていたその矢先、ある日突如としてブルターニュの旗がEUの旗に変わっていました。

モン・サン・ミッシェルとEUの旗

実は、3月中旬になって、このブルターニュの旗の話がノルマンディー地方のローカルニュースで報道されていました。それによると、ブルターニュの旗を見たノルマンディーから来た観光客などから抗議のメールや電話が殺到し、止む無く旗を取り替える羽目になったとのこと。ニュースの中で、このアイデアを出したモン・サン・ミッシェルの村長がインタビューに応えていて、「前の旗が風で破れてなかったから、ブルターニュの旗を掲げた」と言っていました。

元々ブルターニュの旗があったところに、しばらくの間旗はなかったですけどね・・・。

実際に本人に聞いてみないと分からないですが、モン・サン・ミッシェルの島内で生まれ育った現在の村長が島の歴史を知らないわけはありません。村長の言ったもう一つの言葉に彼の本音が隠れていると私は思います。

「エメラルド海岸と呼ばれるところはサン・マロからグランヴィルまで続いている。だから、ノルマンディーもブルターニュも同じなのですよ。」

同じ海でつながっているノルマンディーとブルターニュ。次はどんなエピソードが飛び出すのでしょうか?