19世紀のフランス絵画を変えた青色の顔料「ブルー・ギメ」とは?

化学者ギメが画家の妻のために発明した「ブルー・ギメ」が生み出したものとは?

絵を描くのに必要なものの一つが絵の具です。様々な色がある中で、原色でもある青色は絵画には欠かせない色です。今では当たり前のように使われているこの青色の絵の具ですが、まだ現在のような絵の具のチューブすら発明されていない18世紀までは青の顔料は高級品でした。

古来より壁画や絵画などに青色は使われていました。染料としても使われる藍の他に珍重されたのがラピスアズリと言われる石です。現在の日本では半貴石の一つとされ、現在ではダイヤモンドやルビー、サファイア、エメラルドなどの産出量が少ない貴重な宝石こと貴石に次ぐものとして扱われています。これを砕いて作ったものがいわゆるウルトラマリンという色で、文字通り「海を越えて」きたような深い青色です。

天然のウルトラマリンはその希少性から誰でも手を出せるようなものではありませんでした。それは多くの画家にとっても例外ではなかったのです。しかし、19世紀に入り、産業革命の波が押し寄せてくるフランスにおいて、ジャン=バティスト・ギメ(Jean-Baptiste Guimet)という化学者が人工の合成ウルトラマリンを生み出しました。これは当時のフランス絵画に新たな風を吹き込みました。

フレンチウルトラマリンこと「ギメ・ブルー」とは?

ブルー・ギメ

ジャン=バティストはフランス革命の最中の1795年にフランス南東部の街グルノーブル近郊にあるヴォワロン(Voiron)で生まれました。化学を専門とした理工学生として学生時代を過ごした後、公務員として火薬の管理に携わります。

転機が訪れたのは1826年。画家のロザリー=マルグリットと結婚をします。リヨン(Lyon)で生まれ、界隈では有名な画家の父と叔父が家族にいたことから、当然のように彼女も画家としての道を歩みます。親しい人たちにゼリー(Zélie)と呼ばれていた彼女の才能はみるみる開花し、当時では女性画家としては稀であったサロン(フランスの王立絵画彫刻アカデミーが主催する公式美術展覧会)への出品が認められるほどでした。

そんな化学と芸術という全く異なる分野に身を置く二人の出会いは、新たな化学変化を生み出します。当時、国の産業を奨励するためのコンクールが行われており、結婚する2年前の1824年はそのお題が高価だったウルトラマリンの代わりになる安価な合成ウルトラマリンでした。その知らせを聞きつけたジャン・バティストの他にも、フランス国内はもちろんイギリスやドイツ化学者が参加しました。しかしながら、この1度目のコンクールは誰も成功することなく終わります。

2年後の1826年。コンクールが再び行われることとなり、新婚のジャン・バティストただ一人が参加します。そして、その年の内に見事に合成ウルトラマリンを作るための製法を発見します。しかしながら、彼はすでに自分の特許を2つ盗まれた苦い経験から製法を公開をしませんでした。秘密を知っていたのはゼリーだけで、受賞ができると確信するまでは特許を申請しなかったのです。

その後、とあるドイツ人化学者が製法を発見し、自らの方が発明が早かったと主張します。しかしながら、最終的には1828年にはジャン・バティストの主張が認められ、コンクールの賞を受賞し、6000フラン(六万ユーロ弱)の賞金を手にしました。この合成ウルトラマリンは、彼の名前をとってフランスでは「ブルー・ギメ(bleu Guimet)」と呼ばれることとなり、日本ではフレンチウルトラマリンとも呼ばれています。

広告