いまさら聞けないフランスのガレット・デ・ロワのあれこれ

1月6日のキリストの公現祭に食べるガレット・デ・ロワの由来・歴史・習慣

年が明けて、まだクリスマスツリーが街のあちらこちらに見られる1月の始め。この時期のフランス人の一つは何と言ってもガレット・デ・ロワ(galette des rois)です。キリスト教の公現祭である1月6日を祝うために食べられるこのお菓子は、1月末までフランス各地のパン屋さんで買うことができ、フランスの年始の風物詩となっています。

2017年のパン製造業連盟の調査によれば、前年の12月26日から1月末までの間に約三千万個のガレット・デ・ロワが売れたそうです。フランスの人口に当てはめると、フランス人の2人に1人が食べた計算になります。ちなみに、85パーセントのフランス人が公現祭を祝っているということです。

日本でも全国各地で取扱店が増えていて、ガレット・デ・ロワは年々注目度が高まっています。ところで、なぜフランスでガレット・デ・ロワが食べられるようになったのでしょう?

元々は冬至を祝う古代ローマの習慣?

フランスのことを知る上でヨーロッパの歴史やキリスト教との関わりを見逃すことはできません。ガレット・デ・ロワの場合はキリスト教の公現祭です。フランス語では「épiphanie」と言いますが、その語源はギリシャ語で「出現」を意味します。誰の出現かというと1月6日から12日前の12月25日に生まれたイエス・キリストの出現(顕現)です。

しかし、一説によるとガレット・デ・ロワを食べる習慣の起源は古代ローマの習慣に由来していると言われています。冬至の前にサートゥルナーリア祭という土星の守護神であり農耕の神のサートゥルヌス(英語ではサターン)を祝う祭りがありました。冬至までの1週間ほどの間だけ主人と奴隷の身分を問わず同じ食卓につくことが許されていました。

当時の古代ローマの暦では12月25日は冬至の日でした。冬至は1年で一番日が短くなる日ですが、別の言い方をすれば、それ以降は日照時間がどんどん長くなるということでもあり、光が世界に戻ってくる象徴でもありました。

クレッシュ
教会に飾られるキリストの生誕群像ことクレッシュ

ちなみに、キリストの降誕日*が12月25日であることも偶然ではありません。実は彼が誕生した日を記録した文書はどこにも残されていません。この日に指定されるようになったのは4世紀、キリスト教をローマ帝国で公認した皇帝コンスタンティヌス治世下のことです。それまでは異教徒としてキリスト教徒は迫害されていましたが、皇帝自らが信仰し、布教に努めました。これはキリスト教の持つ教義や組織力に目をつけた皇帝は国の統治を容易にするためという側面もあったようです。

また、コンスタンティヌス自らは古代ローマで隆盛した太陽神ミトラの信仰であるミトラ教の信者でした。ミトラ教にとって12月25日は太陽神ミトラスが再び生まれる日でもあり、キリスト教の救世主であるキリストの生誕を盛大に祝う日としてはまさにうってつけだったのです。

*厳密にはキリスト教では12月25日はキリストの誕生日ではなく降誕を祝う日として定められています。

広告