フランスで2月2日にクレープを食べて祝うシャンドラーの日とは?

フランスでは1月のガレット・デ・ロワの次は2月初めのクレープへ

crepe

2月といえば日本では節分ですね。お正月が終わるとスーパーやコンビニで恵方巻きの宣伝が始まり、鬼のお面がついた豆が販売されるようになります。

フランスでは1月6日のキリスト教の公現祭にガレット・デ・ロワ(Galette des Rois)というパイ菓子を食べる習慣があり、その後1月いっぱいはパン屋などにロワ(フランス語で王という意味)にちなんで王冠の乗せたパイ生地にアーモンドクリームが詰まったお菓子が店頭に並びます。そして、2月に入るとガレット・デ・ロワは店から消え、2月2日の「クレープの日」を迎えるのです。

いまさら聞けないフランスのガレット・デ・ロワのあれこれ

キリスト教の祭典に由来する伝統

ボルディエのゆずバターを使ったクレープ

2月2日のこの「クレープの日」はフランス語でシャンドラー(Chandeleur)というキリスト教の祭典に由来します。日本語では聖燭節と訳されますが、キリストの生誕から40日後の2月2日にイエスを教会に紹介した日を祝うものです。

4世紀にローマ教皇のゲラシウス1世がろうそくを使っての行進を定着させたことに由来するもので、その日にローマを訪れる巡礼者にクレープを配ったそうです。元々2月のシャンドラーは日照時間が急に長くなる時期を表したものでした。なので、かつては太陽が戻ってくることを祝ってたいまつを手に行進をして、家にはろうそくに灯りをつけた燭台を置いてクレープを食べていたようです。

なぜクレープが食べられるのか?

どうしてシャンドラーの日にクレープが食べられるのでしょうか?

一つの理由としてはクレープの外見にあります。クレープの形と色は太陽を連想させるものであり、暗くて寒い冬に太陽が戻ってくることを象徴しているからです。実はこれはガレット・デ・ロワが丸い理由と同じです。

それに加えて、クレープはあまり材料を必要しない上に前年に挽いた粉を使ってもできるため、次の収穫の際の豊作を願ってクレープを作るからです。このクレープを食べる習慣はフランスやベルギー、そしてフランス語圏スイスだけのようです。

今ではすっかり定着した2月2日のシャンドラーにクレープを食べる習慣ですが、このように歴史を紐解いていくとまたクレープを食べる楽しみがまた一層増えますね。

フランスにおけるクレープの故郷ブルターニュ地方を訪ねて

広告