フランスで2月2日にクレープを食べて祝うシャンドラーの日とは?

フランスでは1月のガレット・デ・ロワの次は2月初めのクレープへ

2月といえば日本では節分ですね。お正月が終わるとスーパーやコンビニで恵方巻きの宣伝が始まり、鬼のお面がついた豆が販売されるようになります。節分とは「季節を分ける」という意味であるように、毎年立春の前日にあたります。

一方で、フランスでは、1月6日のキリスト教の公現祭にガレット・デ・ロワ(Galette des Rois)を食べる習慣があります。ガレット・デ・ロワとはパイ生地にアーモンドクリームが詰まったパイ菓子。クリスマスが終わると、1月いっぱいくらいはパン屋やスーパーなどの店頭に並びます。そして、2月に入るとガレット・デ・ロワは店から消え、2月2日の「クレープの日」を迎えるというわけです。

crepe

キリスト教の祭典に由来する伝統

2月2日のこの「クレープの日」はフランス語でシャンドラー(Chandeleur)というキリスト教の祭典に由来し、日本語では「聖燭節」と訳されます。これは、キリストの生誕から40日後の2月2日にイエスを教会に紹介した日を祝うものです。

現在のようにクレープを食べるようになった習慣が始まったのは5世紀のこと。当時のローマ教皇のゲラシウス1世がろうそくを使っての行進を定着させ、その日はローマを訪れる巡礼者にクレープを配ったとか。元々、2月のシャンドラーの日は日照時間が急に長くなる時でもありました。なので、かつては太陽が戻ってくることを祝って、たいまつを手に行進をしました。そして、家に帰り、ろうそくに灯りをつけた燭台を置き、その明かりでクレープを食べていたようです。

広告