サン・マルタンの巡礼とロワール渓谷の街トゥール

フランス各地の地名などで聞かれるサン・マルタンとは?

フランスの歴史、そして建築や美術を語る上で、キリスト教、特にカトリックの影響は無視できません。フランスを旅行すると、パリなどの大きな街から田舎の小さな村まで、大小様々な形の教会を目にします。建築年代や様式の違いはあれど、それらの教会には共通するものがいくつかあります。その一つが、名前です。

フランスに限らず、ヨーロッパには同じ名前の教会がたくさんあります。代表的なものの一つはノートルダムでしょうか。ノートルダム(Notre-Dame)とは、フランス語で聖母マリアのこと。例えば、ノートルダム大聖堂といえば、パリのものが有名ですが、ノートルダムのついた教会はフランスの至るところにあります。また、サン・ポール、サン・マルクなどの聖人(サンはフランス語で聖人を指し、日本語では聖パウロ、聖マルコなどと訳されることもある)の名前を冠したところも多くあります。

美しいお城の数々で有名なロワール渓谷の観光の起点となる街トゥール。この街を観光する際に、よく耳にする聖人の名前がサン・マルタン(Saint-Martin)*です。偉大な聖人であった彼の墓があるトゥールは、かつて、西ヨーロッパで一番重要な巡礼地の一つでもありました。なぜ、サン・マルタンはそこまで多くの人を惹きつけたのでしょうか?

*日本語ではラテン語の発音から、マルティヌスと呼ばれることもあります。本記事ではマルタン、死後に聖人となってからはサン・マルタンの呼称を使っています。

サン・マルタンが民衆の信仰を集めた理由

サン・マルタンは、316年に現在のハンガリーにあたるローマ帝国の属州パンノニアで生まれました。若くしてローマ軍に入隊後、イタリア、そしてガリア(現在のフランス、ベルギー、スイスなどにあたる)に派遣されました。

兵士としての任務についていた337年のとある冬の日のこと。当時、マルタンはまだガリアの一部だった現在のフランス北部の街アミアン(Amiens)に駐留していました。そこで、彼は街の城門近くで寒さで震える物乞いに出会います。不憫に思ったマルタンは、自らのマントを半分に切って、物乞いに差し出しました。

その日の夜のこと。マルタンは夢の中で、彼が渡した残り半分のマントを着た人物に出会い、感謝を告げられました。実は、昼間出会った物乞いの正体はなんとキリストだったのです。目を覚ましたマルタンは、その体験から天命を感じ、ローマ軍を去り、キリスト教に改宗することを決意します。

当時のローマ帝国では、キリスト教は皇帝によって公認されていたとはいえ、まだ国教ではなく、迫害も絶えませんでした。そんな中、皇帝から退役の許可を得るのは簡単ではなかったようです。しかしながら、その数年後にはようやく洗礼を受け、晴れてキリスト教徒となりました(2ページ目につづく)

広告