モン・サン・ミッシェル修道院の教会の屋根の上から見る絶景

モン・サン・ミッシェルの「レース飾りの階段」から息をのむほどの絶景を

708年の司教オベールが創建して以来、約1300年もの長い歴史を持つモン・サン・ミッシェルの修道院。日本が平城京だった時代から創造、建築、倒壊、修復のサイクルを絶えず繰り返し、21世紀の今でも修復作業が続けられています。まさに、私たちの短い命のスパンでは俯瞰できないくらいゆっくりと、しかし確実に、モン・サン・ミッシェル修道院はその姿を長きにわたって変化させ続けてきました。。

その長い歴史の間に積み重ねた石の数々は未だに多くの謎に包まれています。実は通常の見学コースで見ることができるのは修道院のほんの一部に過ぎず、公開されていない部屋や場所が数多くあります。今回は通常拝観では見られないモン・サン・ミッシェルの知られざる姿をご紹介します。

モン・サン・ミッシェル修道院付属教会の屋根の上へ

ピラミッドの形をしたモン・サン・ミッシェルの頂上に位置する大天使ミカエル(フランス語でサン・ミッシェル)の像は、地上170メートルの高さから途切れることなく訪れる観光客を見守っています。すでにモン・サン・ミッシェルを訪れたことのある方の中には、金色に輝く像を近くで見てみたいと思った方も多いはずです。

実は、普段は公開されていないのですが、高さ80メートルに位置する修道院付属の教会からは建物の上層つながる螺旋階段があります。この階段を登っていくと、さらに一つ上の階層にたどり着きます。そこには、祭壇のある建物の東側の上部にある高窓に沿ってテラスが広がっています(下の写真の緑の矢印の部分)。

モン・サン・ミッシェル修道院

ゴシック教会建築の秘密を間近で見る

教会の高窓がすぐそばに見える高さにあるテラスからさらに上を見上げると、たくさんのアーチが空中に架けられています。このアーチはフライングバットレスと呼ばれ、文字通り空を飛ぶかのように空中に架けられていて、建物を外側から支えています。これはゴシック建築の特徴でもあり、パリのノートルダム大聖堂など多くの同時代の大きな教会に見られます。これは屋根の重さから来る推力(横に広がる力)によって建物が崩壊するのを防ぐために横から支えるつっかえ棒のような役割を果たしています。

モン・サン・ミッシェル修道院付属教会のフライング・バットレスと尖塔
フライング・バットレスと尖塔

このフライング・バットレスのある部分を遠くからみると、このアーチの下端の上にある空に向かって伸びる尖塔があります。この尖塔は、簡単に言うとつっかえ棒が外れないように重しの役割を担っています。遠くから見ると、これらの尖塔群は森のように教会を覆っていて、ゴシック建築の教会の独特の雰囲気を生み出していますが、実は装飾的なだけでなくとても機能的でもあるのです。

広告