これってプール?ルーベの美術館「ラ・ピシーヌ」の知られざる誕生秘話

「フランスで一番美しいプール」が生まれた理由とは?

日の出を思わせる大きなガラス窓から降り注ぐ光。水面に映る彫刻の数々。海の神ネプチューンの姿をした噴水から聞こえる水の音。アール・デコ建築のプールを改築した美術館「ラ・ピシーヌ」(La Piscine、正式名称はMusée d’art et d’industrie André-Diligent)は現在ではとても人が泳いでいたとは思えないほどで、その美しさに中に入った途端思わず息を飲んでしまいます。

どうしてプールに美術館ができたのか?そもそもどうしてフランス北部のリール郊外にある小さな街ルーベ(Roubaix)にこのプールができたのか?その歴史を紐解いていくと見えるのは、産業革命が進んでいた当時のフランスの姿そのものでもあります。

産業革命の歪みに苦悩したルーベ

Usine Motte-Bossut
ルーベ市内にあるかつてのモット・ボシュ製糸工場(Usine Motte-Bossut)

19世紀末から20世紀初頭のルーベは繊維産業で栄えた街でした。工場が街中に立ち並び、仕事を求めて多くの労働者が流入してきたため、彼らを居住させるために限られたスペースを使って集合住宅が作られました。道に面した商店やバーの脇から中庭に通じる通路に沿って家が立ち並んでいたのですが、窓は正面部分にしかないために風通しが悪く日当たりが悪かったようです。その上に、トイレも共同で、これらの家に対して水を使えるところは一箇所しかありませんでした。

産業革命の歪みが産んだ生活環境の悪化は19世紀後半のフランスでは共通の問題でした。パリやリヨンなどの大都市は、ナポレオン3世の帝政下にいち早く新たな都市計画を建てこの問題に取り組んでいましたが、ルーベでは20世紀初頭まで解決策を待たねばなりませんでした。街には衛生状態の悪い住宅が第一次世界大戦前には1500を数えました。当時のルーベは労働者の家庭を中心に結核が蔓延していたため、フランスで最も死亡率が高い街だったのです。

広告