雲を食べるような食感のリールの「魔法の」スイーツ、メルヴェイユー

リールを訪れた際に必ず食べてほしい絶品スイーツ

dsc_0620
リール名物「メルヴェイユー」

小さなチョコレートチップの衣を羽織ったチョコレートの生クリームで包んだメレンゲはフランスのノール(Nord)地方やフランドル地方に伝わる伝統的なお菓子です。見た目とは裏腹に軽く、口の中で溶けていく感触は、空に手を伸ばして雲を食べたことがなくても「雲を食べているようだ」と形容したくなります。このお菓子はメルヴェイユー(Merveilleux)と呼ばれています。フランス語で「見事な・不思議な・魔法の」という意味で、その名の通り口にした人を「魔法」で虜にしてしまいます。

リールからニューヨークへ

かつて造幣局があったことに由来するリール(Lille)旧市街にあるラ・モネ通り(rue de la Monnaie)にはいつもある店の前に長い列ができています。彼らの目当てはオ・メルヴェイユー・ドゥ・フレッド(Aux Merveilleux de Fred)の作るメルヴェイユー。パティシエのフレデリック・ヴォカン(Frédéric Vacamps)は伝統的なレシピを見直し、より軽い食感を求めつつも創造力を発揮して新しい時代のメルヴェイユーを生み出しました。その結果、伝統的なお菓子は人気商品となったのです。今ではフランス全土を始めとして、ロンドンやニューヨークにまで店を出し、その評判は今も口コミで広がり続けています。もしかしたら日本でメルヴェイユーを口にする日もそう遠くないかもしれませんね。

Au Merveilleux Lille

住所 67 Rue de la Monnaie, 59800 Lille

http://www.auxmerveilleux.com/

広告