フランス東部ランスで世界遺産のシャンパンセラーを訪れる

シャンパンとランスの知られざる関係とは?

フランス東部に位置するランス(Reims)は大聖堂をはじめとした世界遺産に指定されている建築群で知られています。歴代のフランス王が戴冠したところでもあることから、フランスの歴史を語る上でも避けては通れない街です。そして、もう一つ、ランスを世界的に有名にしているのがシャンパンです。

フランスではお祝いに欠かせないお酒のシャンパン。フランス語では「シャンパーニュ(champagne)」と呼ばれますが、フランス東部の同名の地方で生産されたスパークリングワインのみを指します。AOP(保護生産地呼称)で守られているため、例えば日本で同じようなお酒を作ったとしても、「champagne」という名前で販売することができないということになります。

意外に知られていないシャンパンのあれこれ

シャンパンの起源には様々な説がありますが、一般的に知られているのがベネディクト会の修道士のドン・ペリニヨンが発泡するワインの製法を発明したことによるというもの。日本では彼の名前を取ったシャンパンはドンペリの名で親しまれています。

瓶の中で糖分と酵母を入れて二次発酵をさせることで、あの泡がワインに発生します。樽出しから発送まで最低でも15ヶ月、いわゆる◯年物と呼ばれるものとなると最低でも3年以上かかります。

シャンパンはその知名度だけでなく、重要な文化遺産でもあります。ランスやその周辺にあるシャンパンを取り巻く景観やブドウ畑が続く景色は2015年に「シャンパーニュの丘陵・メゾンとカーヴ(Coteaux, Maisons et Caves de Champagne)」としてユネスコ世界遺産に指定されています。

ここで「メゾン」とはフランス語で「家」という意味が一般的な意味ですが、ここでは会社や業者、具体的にいえばシャンパン製造業者のこと。また、「カーヴ」とは地下貯蔵庫のことで、ここではワインセラーを指します。つまり、シャンパンを作り出す環境そのものが世界遺産に指定されているわけです。

そして、見逃せないのが「シャンパーニュの丘陵」。ランス近郊のエペルネーなどに広がるブドウ畑はもちろんのこと、ランス旧市街から少し離れたサン・二ケーズの丘(la colline Saint-Nicaise)が世界遺産の一部となっています。この周辺には多くのシャンパンセラーが集中しています。その理由は貯蔵庫がある地下の歴史と関係があります。

広告