フランス旅行中にスーツケースをどこかに預けたい時は・・・

荷物を預けて手ぶらで観光!

フランスに限らず、海外旅行を計画するときに頭を悩ますことの一つがスーツケース。もちろん、ホテルに宿泊するときはチェックアウト時に荷物を預けることができます。しかし、途中経由地で観光したい時などはそうは行きません。

日本国内であれば、都市部の大きな駅や観光地にもコインロッカーがありますが、フランスではほぼ皆無。コインロッカーがあったところも、昨今のテロ対策のため使えなくなっているケースが大半です。寄り道して少し観光したいけれど、重い荷物を持ち歩くことはできないし・・・こんな風にスーツケースをどうするかと困った経験がある方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は荷物を預かってくれるサービスをご紹介します。まずは欧米中にネットワークを持つナニーバッグ(Nannybag)というサービスです。

Nannybagとは?

Nannybagのホームページ(フランス語) ©︎Nannybag

Nannyは英語で「乳母」という意味。つまり、子供の代わりに「カバンを預かる乳母」といったところでしょうか。フランス国内だけでなく、ヨーロッパや北米にも展開しているサービスで、Nannybagと提携しているホテルなどの施設が預かり場所となっています。

利用にはホームページから予約が必要です。言語はフランス語の他に英語、ドイツ語、スペイン語などにも対応しており、トップページから希望の都市、預ける日時、荷物の個数を入力すると、荷物を預かってくれる施設が表示されます。

あとは指示に従い予約完了。ちなみに、基本料金は荷物一つにつき6ユーロで、盗難や損傷などに備えて荷物に保険がかけられているのも安心です。これで身軽に旅行が可能になります。

例えば、パリからモン・サン・ミッシェルに個人旅行で行く時、経由地であるレンヌに少し寄り道をして観光したいという方も多いのではないでしょうか。Nannybagではレンヌ駅のすぐ近くや旧市街のホテルと提携しているので、とても便利です。

*レンヌ観光案内所にはコインロッカーがありましたが、この冬の移転に伴い今後しばらく利用ができなくなるとのことです(2019年2月現在)。

その他の荷物預かりサービス

もちろん、Nannybag以外にも荷物預かりサービスがあります。以下、フランス国内で日本人スタッフが常駐している施設をご紹介します。こちらは日本語なので言葉の心配がないのがいいですね。

パリ(オペラ座近く)

モン・サン・ミッシェル(対岸エリア)

上記のリストは随時更新していきたいと思っています。その他のフランス国内で荷物預かりサービスを行っている場所の情報もお待ちでしたらぜひご一報ください。ご協力どうぞよろしくお願いします。

広告