ナントのレ・マシン・ド・リルで機械じかけの空想世界に触れる

巨大な像が歩くナントの歴史と空想の世界が交わる場所

フランス北西部の街ナント(Nantes)というと皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか?近年では現代アートを街中で楽しめるイベント「ル・ヴワャージュ・ア・ナント(Le Voyage à Nantes)」が有名ですが、かつては造船の街でもありました。

街を流れるロワール川に浮かぶイル・ド・ナント(Île de Nantes)には巨大な黄色とグレーのクレーンがそびえ立ちます。これは造船で栄えた街の歴史を語るもの。1987年にその役割を終えたかつての造船場の跡地は、現在では新たな息吹がもたらされました。それが、レ・マシン・ド・リル(Les machînes de l’Île)と呼ばれるプロジェクトです。

芸術プロジェクト「レ・マシン・ド・リル」とは?

フランソワ・ドラロジエール(François Delaroziere)とピエール・オルフィス(Pierre Orefice)によって始められたこのプロジェクトですが、象徴的なのは何と言っても機械仕掛けの巨大な象。高さ12メートル、幅8メートル、長さ21メートルの象は目の前に立つと思わず圧倒されるほど。上に乗ることもでき、4階建ての家くらいの高さからの眺めを楽しむこともできます。

この象に代表されるプロジェクトを構想した2人に大きな影響を与えているのは、時代を超えた2人の天才、レオナルド・ダ・ヴィンチとジュール・ヴェルヌ。前者はもちろんあの「モナ・リザ(フランス語ではLa Joconde)」を描いたことでも知られますが、発明の天才でもありました。そして、後者はナントで生まれの「SFの父」と呼ばれる小説家。「海底二万里」など彼の作品の多くは死後映画化されています。

そういった視点で改めて彼らの作品を見ると、世界観に通じるものがあるのが分かります。そして、街の造船の歴史やジュール・ヴェルヌ、芸術などがこの場所に集い「レ・マシン・ド・リル」が実現したのは決して偶然ではないのかもしれません。

巨大象と並んで人気なのがこのメリーゴーランド。海底の世界をイメージしている。

このプロジェクトが興味深いところは、まだまだ続きがあり、現在進行形であること。昔の造船現場だった建物内には工房があり、試作中のものを見学できます。機械で動く鳥や虫など、コンセプトから実現に至るまでの過程を係員の案内とともに見ることができます。実は、この工房は次なる大きなプロジェクトのための実験室でもあるのです。

20年越しの「アオサギの木」プロジェクト

2016年に当時のナント市長などの立ち会いのもとに発表されたこの「アオサギの木(l’Arbre aux Hérons)」プロジェクトのスケールは壮大の一言。ロワール川を臨むように建てられるこのアオサギの木の直径は50メートル、高さは35メートル。この木の上を機械仕掛けのアオサギなどの生物が動きます。

左が造船所時代の様子、右が「アオサギの木」の想像図。

実際にそんなことができるのだろうか・・・と思ってしまいますが、工房で実際に動いている虫や鳥などを見ると、本当なんだなと狐につままれたような感じになります。2002年にはすでに構想があったこの計画は、2018年には工事が始まり、2022年には完成予定だそうです。

工房内にあったこの蜘蛛も動く様子を見ることができる。

この話を初めて知った時、私の脳裏を真っ先によぎったのは映画「天空の城ラピュタ」でした。エンディングでラピュタが空高く昇っていくシーンです。そんな空想世界のような光景が近い将来に見られるのは楽しみですね。