モン・サン・ミッシェルでの宿泊を100%満喫するために知っておきたいこと

モン・サン・ミッシェル到着前にしてほしいこと

ホテルを予約してモン・サン・ミッシェルに到着する前に行なってほしいことが、満潮と干潮の時間、日の出と日の入りの時間の確認です。シャトルバスを使っても、島と対岸の間を移動するのは時間がかかるので、島から潮の満ちる様子を見たいのか、それとも海に島が囲まれている姿を見たいのかによって、食事の時間を含めてスケジュールを立てた方がいい場所取りができるからです。満潮と干潮の時間の調べ方は下記の記事もご参照ください。

DSCF4599.jpg
日が低くなってくると見られる大地に映ったモン・サン・ミッシェル修道院の影

フランスは夏だと22時過ぎまでは明るいので夜に満潮が来る場合でもその様子を見ることができます。逆に冬だと空が暗い時に満潮が来ると見られないこともあるので、ヨーロッパ最大の潮の満ち引きを観測する機会を逃さないためにもしっかりとしたプラニングをしましょう。

モン・サン・ミッシェル湾の夕焼けを楽しむためのベストスポットは?

潮の満ち引きと同じですが、どういう絵を見たいかによって場所取りが違ってきます。モン・サン・ミッシェルに向かって左側が西となりますが、島内からの夕焼けを見るのであれば、モン・サン・ミッシェル周辺の景色が一望できる修道院内の西のテラス(terrasse de l’ouest)がおすすめです(修道院は5月から8月は19時まで、それ以外は18時まで開いていますが、7月と8月は夜間拝観も行なっています)。

モン・サン・ミッシェル修道院の夜間拝観の様子

夕日に包まれる島全体の姿を見たいという方には島の反対側のクエノン川の河口にあるダムの上にあるテラスは絶好のスポットです(シャトルバスでPlace du barrage下車)。島と時間とともに夕焼けに染まっていく空を観察することができます。テラスから見るモン・サン・ミッシェルは人が前を通ったりすることがないので、写真スポットとしてもおすすめです。

夕方のモン・サン・ミッシェル
ダムから見たモン・サン・ミッシェル

実は、もう一つおすすめの場所があります。ダムを渡って川の反対側に行くと遊歩道が島の対岸沿いに続いています。そのうちの一つの道は、シャトルバスが走る橋と平行にモン・サン・ミッシェル湾に向かって続いています。

この道をずっと進んで行くと、さっきまで観光客で賑わっていた参道の喧騒が嘘だったかのように人通りが全く無くなります。風の音だけが聞こえる静けさの中で眺める夕日に染まる空とモン・サン・ミッシェルの景色はまさに幻想的です。