フランスの印象派の画家は19世紀のフリーランスのノマドワーカー?

モネに代表される「印象派」の画家たちはなぜ働き方を変えたのか

20世紀末から急速に進んだIT革命によって、今ではネット環境さえ整っていればパソコンやスマートフォン一つで場所を選ばず仕事ができるようになりました。決まった職場を持たず遊牧民のようにカフェなどで働く「ノマド」という働き方が注目されて久しい気がします。
実は19世紀後半にも似たような現象がフランス絵画の世界にも起きていました。18世紀末のイギリスから広がっていった産業革命によって人々の生活は大きく変わりました。そんな社会に登場したのがクロード・モネを旗頭とする印象派(Impressionnisme)の画家達でした。実は彼らの働き方は今で言うフリーランスで働くノマドそのものだったのです。

そもそも「印象派」とは?

Claude_Monet,_Impression,_soleil_levant
クロード・モネ「印象、日の出」

19世紀後半のナポレオン3世帝政のフランスでは美術界の権威はもともと王立アカデミーとして設立された機関の流れを組む芸術アカデミーでした。このアカデミーは歴史や宗教的なテーマを用い、輪郭をしっかりと描いた写実的でリアルな絵を評価していました。それに対するモネ、ルノワール、シスレー、セザンヌなどが中心だったフランス絵画の印象派は風景や日常生活をテーマにして短いストロークを重ねることで光を捉えることに重きを置きました。

絵画の既存概念を打ち破った彼らは、後にクロード・モネ(Claude Monet)が1872年に描いた「印象、日の出(Impression, le soleil levant)」という作品にちなんで「印象派」と名付けられるようになったのです。

19世紀の印象派画家たちがフリーランスになった理由

フランスでは19世紀までの職業画家は王室や貴族のお抱えの画家として働くことがほとんどでした。生活が約束される代わりに、歴史や宗教、神話に基づいた絵を描いていました。また絵画は政治的に自らの力を示す道具でもあったため雇用主の肖像画を描くこともしばしばでした。その一方で、アカデミーの存在もあり、フランスでは風景画や風俗画(日常の生活を描いた絵)といったジャンルの絵が日の目を見ることはありませんでした。

800px-Francois-Joseph_Heim_001
1824年のサロンの様子(Le Salon de 1824, François-Joseph Heim)

後の「印象派」を形成するモネなどの画家達は、王室や貴族に代わって出資者になったアカデミーが主催する展覧会(サロン)には相手にされず、何度も落選の憂き目に遭いました。特にモネは絵で生計を立てることができず貧困に喘ぐほどでした。そこで、彼らは展示会を企画して作品を出品して販売をするということを思いつきました。こうして開かれたのが1874年の第一回印象派展です。そこでモネが出品したのが前述の「印象、日の出」なのです。

第一回は成功と言えるものではありませんでしたが、回を重ねるごとに動員を増やし、銀行家、医者、店主などの19世紀になって台頭した中産階級の顧客を開拓することに成功しました。現在の「アーティスト」のように描きたいものを描いて(といっても現実にはクライアントの意向に反映されることも多いでしょうが)、それを展覧会で売って生計を立てるという現代的な画家の形が生まれた瞬間でもあります。かつては特権階級の同じ雇用主の元で働いていた画家が自ら取引先を選ぶようになったのはまさにフリーランス化と言えます。

なぜ彼はノマド化したのか?

IMG_6247.JPG

19世紀以前の画家はアトリエで絵を描くことが普通でした。絵のジャンルが風景画であっても室内で作品を完成させるのが常でした。しかし19世紀に入って絵の具のチューブが発明されると状況は一変します。まさに大型のデスクトップパソコンが主流だった1990年代から2000年代に入って持ち出しが容易なノートパソコンと小型の無線ルーターが生まれた時と重なります。画家達は絵の具のチューブのおかげで場所を選ばず外で創作活動に励むことができるようになったのです。

同時に写真技術の発達によって、画家達が写実的な絵を描くことよりも写真で捉えられない絵を描くことに重きを置くようになったことも一因です。王や貴族の宮廷画家のために描く時のようにテーマに束縛されることなく、歴史の1ページを描く壁一面を覆うような大作ではなく、持ち運びができる大きさのキャンバスを片手に、当時フランスで急速に発達し始めた鉄道を利用してより頻繁に旅をすることが可能になったことも後押しをしました。こうしてノマド化した画家達はやがて「印象派」を形成するようになったのです。

これまで見てきたように、画家を取り巻く環境と技術的な側面の変化が「印象派」を生み出し、現代のノマドワーカーのように戸外に仕事の場を求めました。現代のアートの分野ではコンピューターはすでに重要なアートの一部ですが、iPadのようなタブレット端末の発達によって外でデジタルの絵を描くことも可能になっています。「時代は繰り返す」と言われますが、技術の進歩は今後も画家の創作物だけでなく働き方も変化させていくのかもしれませんね。

広告